どうして日本人の「気持ち」は分かりにくいのか

どうして日本人の「気持ち」は分かりにくいのか

今回は日本の文化についてお話をします。 
日本人とコミュニケーションを取ったことがある人はこんなことを思うかもしれません。「日本人は本当に心の中で考えていることがわからないなぁ」と。そのなぞについて、考えます。

日本人の性格タイプ

日本では「本音ほんね」と「建前たてまえ」という文化があります。これは「本当に思っていること」(=本音)と、「本当は思っていない(自分の気持ちではない)けれど相手に伝えること」(=建前)の違いがあります。

日本人とコミュニケーションをとるのに「難しい」ところは、次のような例があります。

日本人の建前(たてまえ)の例

  • 「また遊ぼうね」と言ってくれた友だちに、1週間後、次の遊びの話をメールしたら、ずっと返事が返ってこなかった。(また遊ぼうね、は本当の気持ちではなかった)
  • 友達との待ち合わせに1時間遅刻ちこくしてしまい、待たせた友だちが「大丈夫だよ」と言ってくれたが、本当は、とても怒っていることがわかった。
  • 新しいヘアスタイルにしたAさんが、学校に行くと、Bさんから「すごく似合っている」と言われた。しかし、Bさんは、Cさんに「Aさん、変なヘアスタイルだよね~」と悪口わるぐちを言っていた。
  • (ビジネスシーンで)営業したお客さんから、契約けいやくについて「前向きに考えます」と言われたので、契約してくれる、と思っていたが、その後、契約しなかった。 (お客さんは本当は契約する気がなかったけど、その場で断ることをしなかった)

日本人の気持ち

日本の文化ではストレートに相手に伝えることは、良いこととは、されていません。これは相手を傷つけてはいけない、という気持ちが強くあるからです。
しかし、グローバル社会では、これが「良くないもの」とされていて、「Noと言えない日本人」と、世界から呼ばれてしまうこともあります。

こうした日本の文化は、国際社会のなかで、とくに、政治せいじやビジネス、スポーツの世界では、とても気を付けなくてはならないことです。

もうひとつの文化、「ハイコンテクスト文化」

この本音と建前に加えて、さらに日本人の気持ちを、理解するのが難しい理由があります。それは「ハイコンテクスト文化」というものです。
これは、かんたんにいうと「言葉にしなくても伝わる文化」を意味していて、日本人の「空気を読む」文化は、これが影響えいきょうしています。

つまり、日本人は「あまり多くを話さない」文化を持っている、ということです。この研究は、エドワードホールという、アメリカの学者が発表したものです。

“I love you” は日本語で?

このハイコンテクスト文化をあらわす、面白いエピソードがあります。それは日本の作家、夏目漱石なつめそうせき【1867年-1916年】という人物が英語教師をしていたころ、

ある生徒が” I LOVE YOU ” を文字の通り「我、君を愛す(=わたしはあなたを愛しています)」と日本語に訳したところ、「日本人は好きな相手に、(ダイレクトに)そんなことは言わない」と言いました。

その代わり、夏目漱石は、”I LOVE YOU “を「月がきれいですね」と訳した、というエピソードがあります。「月がきれい」で「好き」な気持ちが伝わる、、、とても不思議な日本文化ですね。皆さんは好きな人から「月がきれいですね」と言われたら、どう感じますか。

これからたくさんの日本人と接するなかで、色々な方と会う機会があると思います。もしコミュニケーションに悩むことがあったら、日本にある、この2つの文化を思い出してみてください。
違う文化の人とコミュニケーションすることを、楽しめるといいですね。 

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。