肌の乾燥には、「ニベアクリーム」と・・・

肌の乾燥には、「ニベアクリーム」と・・・

夏も終わり、これから日本では、「秋」と「冬」がやってきます。

日本の冬は、空気が乾燥かんそうしていて、肌が荒れます。湿度しつどの高いベトナムから日本に行く人は、この「乾燥」に悩むと思います。

商品紹介

そんなときは、世界中で有名なニベアクリーム(ニベア花王)が良いでしょう。

1個あたり 約600円(税別)169g
(ドラッグストアか、ドン・キホーテで、安く買うことができます。)

成分: 水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

写真は169gのサイズですが、小さい56gのタイプ(約250円)もあります。

使い方

中は、やわらかいクリームが入っています。
固まっているときは、手のひらの熱で、やわらかくなるまで、なじませます。

ちょうど良い量を、指で取ったら、両手に広げて、肌をやさしく包むように、クリームをなじませます。

注意すること

ニベアクリームは、お出かけの前に使うと、日焼けの原因になります。

ニベアクリームをはじめとした、スキンミルクは、太陽の光を防ぐ成分が入っていません。また、クリームを塗った肌の表面を光を通しやすくします。

なので、何も塗っていないときよりも「日焼け」してしまうのです。

気になる方は、太陽の光が入らない、「紫外線防止しがいせんぼうし」の成分が入っているクリームを探しましょう。

なので、ニベアクリームを使うときは、寝る前の、お風呂上がりが、良いですね。

組み合わせ

お風呂あがりのニベアクリーム、の前に、「化粧水」で、肌にうるおいを与えます。

化粧水の中では、ハトムギ化粧水が人気です。この化粧水は、日本人だけでなく、外国人にも1番人気があります。

1本あたり、約650円(税抜) 500ml
(ドラッグストア、ドン・キホーテで、安く買うことができます。)

成分: 水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

手のひらに、2~3センチくらい化粧水をたらし、風呂上りの肌に、つけます。スプレーキャップ(100円ショップで買えます。)を付ければ、きめ細かい化粧水を、肌に付けることができます。

ひんやり、と冷たく感じたら、化粧水が、しっかりなじんでいます。

完ぺきな組み合わせ!

ハトムギ化粧水のあとには、すぐにニベアをぬって、「うるおい」を閉じ込めます。この2つの組み合わせは、「最強スキンケア」として、日本で知られています。

日本の乾燥肌には、この2つが、とっても効果的です。みなさんも試してみてください。