日本の「ショッピング」について

日本の「ショッピング」について

今回は、日本のショッピングについて、アドバイスをします。ベトナムでも、日本のイオンや、コンビニエンスストアが、多くありますね。日本には、知っておくべきショッピングのコツがあります。参考にしてください。

日本で買いものをする

お店のタイプを知る

最近日本では、外国人のお客さんを、よく見るようになりました。ベトナムのみなさんも、インターネットの情報で、いろいろとおトクなお店を、知っているようですね。まだ日本で買いものをしたことがない人のために、日本のお店のタイプについて、お話したいと思います。

商店街しょうてんがい

日本では昔、「商店街」と呼ばれる個人のお店が並ぶ場所が、たくさんありました。今でも残っているところもありますが、スーパーマーケットやショッピングモールが出来たことで、日本からどんどんと数がってきています。

「商店街」は、人と人がたくさん会話をし合い、情報をシェアするための大事な場所でした。商店街のショッピングは安くて、おいしい、やさしい人が、たくさんいるところなので、好きになるはずです。ぜひ行ってみてください。

スーパーマーケット

日本に行くと、必ず近くにはスーパーマーケット(日本では「スーパー」と呼びます)があるはずです。イオンやイトーヨーカドーは全国で有名ですが、各地方だけで有名なスーパーも、たくさんあります。

スーパーでは、飲みもの、食べもの、生活にかかわるものを、何でも買うことが出来ます。食べものは、夕方の時間になるとディスカウントがはじまります。10%~50%の割引わりびき(ディスカウント)があるので、チェックしておきましょう。

スーパーには「ポイントカード」と呼ばれる、買いものをすると、ポイントがもらえるサービスがあるので、お店のスタッフの人に作り方を、聞いてみてください。有名なポイントカードは「Tポイント」「Dポイント」「楽天(らくてん)」「ポンタ」「WAON」があり、簡単につくることができます。

業務(ぎょうむ)スーパー

日本には「業務スーパー」というお店があります。これは「スーパー」といっても、個人でレストランをやっている人などに向けたお店です。たくさんの量の野菜や、冷凍れいとうの食べものが、とても安く売っています。

たとえば、みんなでバーベキュー、おうちでパーティーをするときには、とてもべんりです。ここでは、レストランをやっている人以外でも、だれでも買いものが出来ます。

ドン・キホーテ

「ドン・キホーテ」はスーパーですが、そのユニークさは、特別とくべつなものです。ふつうのスーパーと同じように、飲みもの、食べもの、生活のものが売っていますが、とても安いことで有名です。

また、オリジナルのブランドアイテムをたくさん持っているので、そのアイテムをとても安く買うことができます。食べもの、コスメ、日用品にちようひん、ファッションは、何でもドン・キホーテのアイテムがあります。また、安いですがクオリティも高いので、日本で生活するときは行ってみてください。

ほかにも「SEIYU」というスーパーが安くて、ブランドアイテムの数が多いので人気です。

ドラッグストア

日本でドラッグストアは、スーパーと同じくらい、どこでも見つけることが出来ます。ここは名前のとおり「くすり」が買えるお店ですが、そのほかにも飲みもの、生活のものを、たくさん買うことが出来ます。

ドラッグストアは薬を売ることで利益りえきが出るので、その分、他のアイテムを安く売っているのです。また、さまざまな病気、ケガ(かぜ、ねつ、ねんざ、ひふのトラブル)の薬が売っているので、何か困ったときは行ってください。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストア(日本では「コンビニ」と呼びます)は、日本人の生活を支える大事なお店となりました。毎朝会社に行く前の人がたくさん来て、ごはんやコーヒーを買っています。

コンビニエンスストアは、お店が1日24時間ずっと開いているので、どこでも、なんでも、すぐに、買うことができます。最近では外国人のスタッフさんが増えていて、ベトナム人もたくさんコンビニで活躍かつやくしています。コンビニエンスストアは、ものを送ったり、生活費の支払いをすることもできるので便利です。

ショッピングモール

ショッピングモールは、ベトナムのビンコムセンターのように、たくさんのお店が集まった、とても買いものがしやすいところです。ベトナムにもある「イオンモール」は、日本でも、いろいろなところにあります。ほかには「ららぽーと」というモールが有名です。

ショッピングモールでは買いものだけではなく、おいしいレストランがたくさんあり、イベントもやっているので、友だちと遊んだり、デートスポットとしても、日本人に人気です。

個別宅配こべつたくはいシステム

日本では買いものに行かなくても、注文したものを、家まで持ってきてくれるサービスが、昔からあります。これを「個別宅配」と呼びます。お店がないので、コストがかからず、いろいろなものを安く買うことが出来ます。届いたときに家にいなくても、ドアの前に置いたままにしてくれます。(それができるのは、安全な国、日本だけなのかもしれません。)

箱にはキレイにアイテムが並んでいて、冷凍が必要なものには、ドライアイスが入っているので、長い時間、そのままにしても安心です。

インターネットショッピング

日本では、スマホひとつで買いものすることが一般的になってきました。支払いはお金か、クレジットカードか、コンビニエンスストアで支払うこともできます。また、アイテムを受け取る時間、場所もえらぶことができます。

インターネットショッピングは、たくさんのお店がサービスをはじめています。また、家のさまざまなアイテムを買うときには、全国のお店の値段ねだん比較ひかくすることができる「カカクドットコム」というウェブサイトがとても便利です。

カカクドットコムのウェブサイトをみる。

どうでしたか。日本のショッピングを楽しむときの、参考にしてください。最後に、日本で買いものするときに、気をつけてほしいことを書きます。

日本の買い物で注意ちゅういすること

入り口でセンサーの音がしたら、店員さんを待ちましょう

日本のお店には、ものがぬすまれないよう、お店の入り口に、センサーがあります。ベトナムでも、ZARAやH&Mのお店にありますね。店を出るときに、このセンサーの音がしたら、店員さんが、あなたのバッグを確認するので、それまで待ってください。

そのままお店を出てしまうと、万引き(ものを盗むこと)したと、思われてしまいます。日本には、警察けいさつや、「万引きを見つける人」がお店によくいます。

その人たちから、声をかけられても、トラブルにならないように、おちついて、相手の言うことを聞いてください。もちろん万引きは、絶対にしてはいけません。

自分のマイバッグを持ちましょう

日本のお店では、買いものしたアイテムを入れるビニール袋を使うのに、お金がかかることがあります。また、政府せいふが「2020年からビニール袋をもらうためにお金を払う」ことを決めました。これは最近世界でもニュースになっている、プラスチックごみを減らすためです。

日本では10年前くらいから、ビニール袋のかわりに「マイバッグ」を持つ人が多くなりました。マイバッグをもっていると、お店でポイントがもらえたりするので、お気に入りの「マイバッグ」を日本で探しましょう。

日本の消費税はいくら?

日本の消費税は2019年7月現在、8%です。これが2019年10月から10%になります。ただし、買いものするアイテムの中には、8%のままで、計算されるものがあります。買いものをするときには、消費税を入れて、いくらになるのかをしっかり計算して、お金が足りないことが、ないようにしましょう。

また、日本にもTax Freeの免税めんぜい店がありますので、お店に”Tax Free”の文字がないか、確認しましょう。

お店のタイプを知り、日本での買い物を楽しみましょう!

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。