日本語学校品川くと大田区

日本語学校品川くと大田区

日本語学校は、ベトナムも多くありますが、日本にはたくさんの国籍の外国人が学ぶ日本語学校があります。

これから日本に行く人も、留学する人も、それぞれのエリアの有名な日本語学校を知り、選択肢を広げて下さい。良い学校と巡り合えることであなたの日本語力は飛躍的に向上するはずです。

今回は東京都 品川区と大田区の 日本語学校をご紹介します。

品川区

のぞみ日本語学校

法務省の許可を得て設立されました。

施設が整った学習環境の中で、学生は日本語能力を完全に向上させ、それを日本での生活に活かせし、世界に到達する機会を持つ未来への扉を開くことができます。

日本語の中にひらがな、カタカナ、漢字など覚えることが多く大変ですが、のぞみ日本語学校では、「日本語は難しい」ではなく「日本語は面白い」ということを学生に知ってもらいたいと思っています。

学校は日本語を教えるだけでなく、積極的に課外活動を組織して東京の有名なランドマークを訪れ、学生がさまざまな場面で日本の文化を体験するのを楽しめます。

Tokyo Japanese Academy

学校の校長からは「 ベトナムに留学する機会があったことは幸運だったとは言いました。そのおかげで、留学する学生の苦労を理解できています。 」と述べています。

留学生にとって、日本語学校は日本という国への門戸のようなものだと学校は信じています。 学生の語学力や日本滞在中の経験は、将来のあなたの土台になります。

学生に外国語を教えることに焦点を当てていることに加えて、学校は他の国の学生とつながるための課外活動も積極的に組織しています。 ヌードルミュージアムの見学やディズニーランド、浴衣体験、クリスマスパーティーなどです。

大田区

東京工科大学附属日本語学校

東京工科大学附属日本語学校は、日本の先進の学問や技術・設備を誇る東京工科大学と日本工学院専門学校の系列校ですので、皆さんの願いをかなえることができます。 ここでは日本語を学ぶだけではなく、大学や専門学校で学ぶための基礎学力を身につけることもできます。

学校の特徴は次のとおりです。

  • 教育内容、施設、設備等、東京都の審査を受け、認可された各種学校です。
  • 学校法人 片柳学園の系列校への推薦入学制度があります。
  • 学生定期券が利用できます。
  • 日本に来た瞬間から熱心なサポートとアドバイスのある生活 です。
  • 東京の中央に位置し、スムーズに移動できます。
  • 20カ国以上からの学生が勉強していて、国際交流が増えています。

ウエストコースト語学院

学校は当初から、基本的な日本語を教えるだけでなく、日本人とのコミュニケーション能力を学び、文化やライフスタイルを交換することに重点を置いていました。

学校は、国際的に必要とされる「グローバル人材」を育成し、世界のどこにいても日本との架け橋となることを目指しています。

大学は、空港送迎、印鑑および銀行カードの支援などの学生に対する熱心なサポート、パートタイムの仕事の検索、フォームによる保険登録,、SIMカードを登録して電話を購入を支援することで高く評価されています。

東京教育専門学院・多摩川校

学校の目的は、学生のスキル向上を支援し、日本文化およびここでの異文化交流を深く客観的に理解できるようにすることです。

ほとんどの学校を卒業した後、学生は大学、カレッジまたは専門学校に志向しています。これは、日本だけでなく将来的に学生の母国も発展させる。そのために、大学は学生が必要な日本語能力を身につけ、学生に専門的で対人的な学習環境を提供するのを手伝うことに専念しています。

浴衣公演、クリスマスパーティー、有名なランドマークを訪問する屋外課外クラスなどの課外イベントも、学校で定期的に開催されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本語学校それぞれに特色があるので、自分に合った学校、先生に巡り合えるようにしてください。日本語学校に通えば、色々な国籍の学生と出会うきっかけになり、あなたの世界が広がるはずです。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。