日本語学校4選@目黒区

日本語学校4選@目黒区

日本語学校は、ベトナムも多くありますが、日本にはたくさんの国籍の外国人が学ぶ日本語学校があります。

これから日本に行く人も、留学する人も、それぞれのエリアの有名な日本語学校を知り、選択肢を広げて下さい。良い学校と巡り合えることであなたの日本語力は飛躍的に向上するはずです。

今回は東京都 目黒区の 日本語学校を4校ご紹介します。

東京育英日本語学院

東京育英日本語学校は、世界中に多くの拠点を持つファッションとITの分野を主とするビジネスであるAiiAグループによって運営されており、日本に留学する希望がある学生に向けていて、国際的な高さの人材を求めるという目標を実現するためです。学校は、経験豊富な教師の熱心な指導を受けながら、さまざまなプログラムや学習内容とともに、日本語学習者に適した環境を提供しています。

また、日本の入試内容が近い特別授業も受講できるため、大学や専門学校の合格率はとても高いです。

さらに、学校では学生が日本で最も快適で安全な生活を送れるように、英語、中国語、 韓国語、ベトナム語などは、生活に関連するすべての質問に助言および回答し、学生と個人的な問題を共有するためにいつでも相談できます。

グレッグ外語専門学校日本語科

グレッグカレッジの名前とは:

  • Generous : 寛大な心を持つ
  • Respectful : 尊重する心を持つ
  • Enlightened : 啓発する心を持つ
  • Gracious : 気品のある心を持つ
  • Grateful : 感謝の心を持つ

引用: http://www.gregg.ac.jp/introduction/about/

日本語学科を開設する目的は、留学生が日本文化について理解を深め、日本での長い人生を体験できるようにすることです。ここのクラスを通して、学生は以下を受け取ることができます。

  • コミュニケーション能力:さまざまなコミュニケーション状況に対応できます。
  • 表現:日本語で表現する方法を学ぶことができます。
  • 文化の理解:日本の文化を深く理解し、人間力を向上させます。

「聞く」「話す」「読む」「書く」のスキルのバランスをとる指導法のおかげで、明確な目標は、日本語能力試験と大学入試に合格することを確実にすることです。それで、この学校の進学率が高いです。多文化コミュニケーション、スピーキング、経験 や社会比較に関することなど 、多くの特別な科目があります。

新世界語学院

21世紀のグローバル化時代に対応できるグローバル人材の育成を目指しており、カリキュラムは日本語学校を卒業した学生は勉強する大学や専門学校への進学も目指しています。

クラスは各学生のレベルに合わせてレベルに応じて編成されています。 初級クラスは会話に焦点を当て、中級コースは「聞く」「話す」「読む」「書く」のスキルを向上させる方法を教えます。上級クラスでは、次のレベルに進むために必要な日本語能力の育成を目的とした集中的な学習時間を提供します。

「話す」スキルの向上に加えて、レッスンに組み込まれたプレゼンテーションを導入し、日本の大学生との交流を積極的に組織しています。

ここでは、担任の先生とスタッフが、未来志向の学習に関する問題から日本の日常生活の問題まで、個別のアドバイスを出します。スタッフは学校で学生からの質問やアドバイスを受ける義務があるので、いつでも相談ができるようです。

エヴァグリーンランゲージスクール

エヴァグリーンランゲージスクール の特徴は:

  • 学生はさまざまな国から来ています。
  • 大学や専門学校の合格率はとても高いです。
  • 高品質の教育環境
  • 便利な交通手段

これまでのところ、エバーグリーンは72か国からの学生を受け入れ、大学に進学する学生の割合がとても高いです。その他は、日本または外国の関連会社でビジネスに携わって、または直接働いています。 国に貢献するために帰国したり、母国で自分の会社を設立したりする人もいます。

日本語に加えて英語も学校の専門分野なので、国間の文化的干渉を促進することは簡単です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本語学校それぞれに特色があるので、自分に合った学校、先生に巡り合えるようにしてください。日本語学校に通えば、色々な国籍の学生と出会うきっかけになり、あなたの世界が広がるはずです。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。