日本語学校6選@台東区

日本語学校6選@台東区

日本語学校は、ベトナムも多くありますが、日本にはたくさんの国籍の外国人が学ぶ日本語学校があります。

これから日本に行く人も、留学する人も、それぞれのエリアの有名な日本語学校を知り、選択肢を広げて下さい。良い学校と巡り合えることであなたの日本語力は飛躍的に向上するはずです。

今回は東京都 台東区の 日本語学校を6校ご紹介します。

LIC 国際学院

World Net Educationグループの一員として、7つの学校からなる複合教育施設、日本に6つの学校(東京ベイサイド日本語学校、LIC国際学院、上野法律ビジネス専門学校、上野法律ビジネス専門学校日本語学科 、上野法律ビジネス専門学校、上野法律ビジネス専門学校日本語学料)と中国の1校(全球教育集団中国大连事务所)があります。

学校の長所には次のようなものがあります。

  1. 入学から卒業までの学生のキャリアプランと人生だけでなく、研究計画の策定に専属の担当教員を割り当て、責任をもってサポートする制度があります
  2. 優秀な学生20名に10万円の奨学金を授与
  3. 初心者からN1のレベルまで、レベルに適したクラスを簡単に選択できます
  4. 日本に来てすぐに始められる安心安全な生活(学生寮完備)
  5. One Step上の進学保険
    日本語学校での勉強期間は意外と短いものです。日本の文化、風習に戸惑い、勉強、アルバイト等々に追われ、あっというまに年月がたち進学しなくてはならない時期になってしまいます。二流三流の大学、大学院なら合格できても、母国で名のある大学、大学院への進学をするには準備期間が足りなかったと感じることもあるかもしれません。その進学保険として、本校のグループ内にある上野法科ビジネス専門学校に内部進学し、一年勉強して、ワンステップ上の大学、大学院への進学を目指しています。

東京リバーサイド學園

1988年にSJRグループが管理する学校制度で設立されました。 30年以上にわたる設立と開発の中で、東京リバーサイドの3つの特徴があります。

  • 日本文化が身近に感じられる、東京を代表する観光地、浅草に位置しております。
  • 地元との交流が多くあります。本校近くの小学校と活発な生徒交流会を持ち、毎年、東京三大祭りである三社祭にも参加して担いでいます。
  • 経験豊富な教師が学生の学習や日常生活を積極的にサポート。

東京国際文化教育学院

日本国際文化教育学院東京校は、江戸文化があふれる町・東京浅草に位置しています。 当学院には、教授歴の長い先生たちが多数在籍しています。各国からの留学生に対して、レベル毎に日本語教育を行い、異文化や学生の個性を尊重しながら、熱心に効率よく指導を行っています。日本語以外では、 進学に必要な理科・数学・英語等の補習制度も充実しており、在校生は自分のニーズに合わせて選ぶことができます。

世界中でも有名な観光地として浅草では、日本の江戸文化等も体験できますので、教科書の日本語だけでなく、日常生活の「生」な日本語に毎日触れることもできる充実した教育環境になっています。また、課外授業に参加したり、工場や東京の他の楽しいスポットを訪れたりするなど、学校外での文化体験を体験する機会にサインアップすることもできます。

早稲田文化館日本語科

早稲田文化館 日本語科は、学生が本格的なカリキュラムを通じて目標を達成するというコミットメントを果たすために誕生しました。

この学校の校長は「学生の多様化するニーズに応えられるよう、努力を続けています。長い留学生活を日本語の勉強で満足させるだけでなく、日本の文化や、日本人との交流で満たされたものにして行きたいと思います。」ということを生の多様化するニーズに応えられるよう、努力を続けています。長い留学生活を日本語の勉強で満足させるだけでなく、日本の文化や、日本人との交流で満たされたものにして行きたいと思います。」ということを述べています。

短期コース、ビジネス日本語コース、日本文化コースなど幅広いコースからお選ぶことができます。

東京インターナショナル外語学院

学校の教育理念は次のとおりです。

  • 留学生の日本語能力を向上させます。
  • 「教育方針」読む・聞く・話す・書くの4技能をバランス良く修得していくことです。
  • 国籍によって特徴のある発音の矯正も行っていきます。
  • 日常会話ができ、日本人や社会を理解できる総合的な日本語能力の向上です。
  • 卒業までの2年間でN1が合格できるようなカリキュラムが組まれています。
  • 日本人のビジネスをよりよく理解できるようにして、日本人とのやり取りや日本企業での作業に問題がないようにします。

東京国際朝日学院

東京国際朝日学院は、外国人留学生に対する日本語教育を行い、国際的人材を育成することを目的として、2002年に設立されました。これまで多くの留学生が東京国際朝日学院で日本語を勉強し、日本の大学や大学院や専門学校などに進学しています。

現在、東京国際朝日学院では、ベトナム、中国、ネパール、ミャンマー、パキスタン、スリランカなどから来ました。生徒数が多いので、生活面でもベトナム人やネパール人、中国人の事務スタッフが各々の言語で親切かつきめ細かな生活指導で留学生活をサポートしています。

東京国際朝日学院では、優秀で経験豊富な日本語教師が自慢で、学生の日本語能力に応じて、さまざまな教材を使って授業を行い、すべての学生のニーズに応える充実した日本語教育を展開しています。 通常の授業のほかに、日本の良さを知る体験授業も行っています。 これによって、さまざまな面白くてやりがいのある体験が受けられることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本語学校それぞれに特色があるので、自分に合った学校、先生に巡り合えるようにしてください。日本語学校に通えば、色々な国籍の学生と出会うきっかけになり、あなたの世界が広がるはずです。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。