日本の生活で気を付けるべきことパート①「騒音」

日本の生活で気を付けるべきことパート①「騒音」

今回は「日本の生活で気を付けるべきこと」についてお話をします。
テーマは「音」についてです。私はベトナムに来て1年の日本人ですが、ベトナムで生活していて「日本と違うなぁ」と、感じることがたくさんあります。その中でも「音」について、皆さんに知っておいてほしいことがあります。

ベトナムで日本人が驚くこと

ベトナムにきて、私たち日本人がおどろいたことは、次のことです。

道路のバイク、車のクラクションがたくさんなっている。

日本だとクラクションは、ほとんど鳴らしません。合図の時も1回だけ、ならすのがふつうです。クラクションは相手へのお礼の気持ちを表す「(道をゆずってくれて)ありがとう」の意味で使われることが多いです。

公園で音楽を流してダンスしている。

日本で大きな音楽を流していると、近くに住む人から、迷惑めいわくだと、すぐに 注意ちゅうい される可能性があります。

朝早く、または夜おそくに、外でカラオケをしている人がいる。      

日本ではカラオケを外でやることはありません。また、部屋の中でも楽器がっきの音を出すのは、朝9時~夜7時くらいまで、と決まっています。また、時間に限らず、楽器で音を出してはいけないアパートも多いです。

ベトナム語の会話は、日本語よりも声が大きく聞こえる。       

日本語にはベトナム語のように声調がないので、会話は静かに感じるかもしれません。日本では電車、バス、映画館、多くの公共こうきょうスペースでは、小さな声で話すことがマナーになっています。しかし、 日本人でさえ守れていない人は多いです。

また、日本の家のカベは、うすいので、もし、夜おそくに話していたら「近所迷惑」と思われ、同じアパートの人と、トラブルになってしまうかもしれません。

これらについて、私は「ベトナムが良くない」と言っているわけでは、ありません。反対に、にぎやかで、まわりから元気をもらえる国だ、と思っています。 なので、日本に帰ると、すごく静かで、この町には、だれもいないのかな、と怖くなることがあります。この記事を通して、日本は、とても音を気にする人が多い国だ、ということを知ってください。

今、日本では、外国人と日本人の「騒音そうおん」トラブルが、たくさん起きています。 悲しいことに、こうしたトラブルから外国人とアパートの契約けいやくをしない、というオーナーが増えてきています。

騒音に関する事件

昔日本では、音を気にすることで起きた悲しい事件がありました。ピアノの音がうるさい、という理由で殺人さつじん事件が起きたのです。
近所とのトラブルは、このほかにも、「会話がうるさい」「テレビがうるさい」「ドアを閉める音がうるさい」「歩いている音がうるさい」「犬の声がうるさい」という理由が多いです。

日本で気をつけるべきこと

皆さんがこれから住む場所にも「音が気になりやすい」日本人の人がいると思います。この日本人の多くは、海外に住んだことはなく、「静かな場所」があたりまえだと思っているので、みなさんの「ふつう、あたりまえ」が通じないはずです。

日本での生活をするときは、この点を十分気を付けてください。そして、もし近所の人から注意され、どうしたらいいかわからないときは、一人で受け止めずに、アパートのオーナーさんや、会社の人に相談してみてください。

日本人の中には、ただ「外国人だから」という理由で、厳しく注意してくる人もいると思います。すべてみなさんが悪いとは限りませんし、違う国の人同士のトラブルをなくすことは、とても難しいことだと思います。なので、周りの知っている日本人から、アドバイスを聞くことは、とても大切です。

気をつけるシーン

これらをふまえて、以下のシーンでは、大きな声、音を出さないように、特に気を付けてください。

  • 電車、バス、図書館、本屋、レストランなど、周りにたくさん人がいる場所
  • 家の中、アパートの前、階段、コンビニや居酒屋いざかやのお店の前
  • 部屋で音楽や、楽器の音を出すとき(朝9時~夜7時の時間以外は注意)

以上のことを気にかけて、安全安心な生活を心がけましょう!

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。