日本の言い伝え・風習について

日本の言い伝え・風習について

世界には、さまざまな「言い伝え」があります。たとえばベトナムでは「赤ちゃんをほめてはいけない」という「言い伝え」があるようですね。日本にも、「言い伝え」はたくさんあります。そして、その中には、日本で生活しているときに知っておきたい「言い伝え」があります。

たとえば、日本では「夜に口笛を吹くと、泥棒どろぼうorヘビが、やってくる」と言われています。仕事や学校の帰り道に、気分が良くても、夜は口笛を吹かないように、気をつけてください。今回はこうした「言い伝え」や「習慣」をたくさん紹介したいと思います。

日本の言い伝え

日本の言い伝えで、良い、とされることを、縁起えんぎがいい」 悪い、とされることを、「縁起が悪い」と言います。日本の人と話すうえで、「縁起」という言葉を覚えておきましょう。

はしとお箸で、同じ食べ物をさわっては、いけない。

食べものをシェアするときに、お箸とお箸で渡し合うことは、日本ではタブーです。これは、お箸とお箸で、死んだ人の骨をつかむ風習があるため、食べ物でするのは良くない、とされているからです。

また、ごはんにおはしを差して、立てることもタブーです。これは死んだ人の前に、お箸を差したごはんをおそなえする風習からきています。

日本には「お箸」のルールがたくさんあるので、外で食べるときは気を付けましょう。お箸のマナーについて、紹介しているウェブサイトを見つけました。
参考:お箸のマナー/Cheer up English

写真を撮られると、魂が抜かれる

これは、とても古い言い伝えですが、カメラが出来たころ、自分の姿が写る写真を怖いと思う人が多くいました。その中で「写真に撮られたら、たましいが抜かれるぞ!」とうわさをした人が、いたようです。

この言い伝えは、日本の70才以上~の方を中心に、今も信じている人がいます。これに加えて、日本では写真を撮ることが禁止されているエリアがたくさんあり、また、プライバシーの問題に厳しい日本では、「写真に写さないでほしい」と思う人が多いので、外でカメラを使うときには、周りに気をつけてください。

血液型で性格がわかる

日本では、A・B・O・AB型の4種類で、次の性格に分類されると信じられています。

  • A型・・・まじめで、気配りができる。キレイ好き。
  • B型・・・わがまま、飽きやすい。
  • O型・・・おおらか、細かいことを気にしない。
  • AB型・・・天才肌、変わった人。

「あれ、B型の人は良いところないの?」と思った方、残念ながら「B型」という言葉は「ネガティブ」に使われることが多いです。「あの人絶対B型だよね。わがままだもの」というような使い方をします。ただ、私はB型の人と仲良くなることが多いので、B型のファンもいます。

トイレをキレイにすると美しくなる。

トイレには神様がいる、という言い伝えが日本にはあります。これは日本のトイレについてという記事でもお話しました。トイレをキレイにすると美人になる、妊娠にんしんをしている人は、トイレをキレイにしておくと、かわいい子が生まれると信じられています。

ちなみに、2010年に、日本で「トイレの神様」という曲がヒットしました。「トイレには神様がいる、毎日キレイにしたら、あなたも美人になるんだよ」という、歌手のおばあちゃんの言葉から出来た曲だそうです。この曲を作った「ウエムラカナ」さんという歌手を、調べてみてください。

トイレの神様-Youtube動画

テルテル坊主を作ると、天気が良くなる

日本では、 良い天気になることを願い、白い布や紙で「てるてる坊主ぼうず」という人形を作ります。日本人なら、小さいころに誰でも作ったことがあります。これをカーテンに吊るしておけば、次の日は晴れると信じていました。

また、このてるてる坊主の頭が下を向いていると雨になる、とも、言われています。日本で旅行やピクニックに行くときは、作ってみてはいかがですか。

一富士、二鷹、三茄子

この漢字は、一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすびと読みます。これは新暦しんれき1月1日の夜、何の夢を見ると良いか、ということを表しています。1番良いのは、富士(山)、2番目に良いのは、鳥のタカ、3番目に良いのは、食べものの「茄子なす」と言われています。

なぜ、この3つなのかというと、それぞれ「音」が、縁起の良い言葉に近いからです。

  • 富士ふじ無事ぶじ不死ふし
  • たかたか
  • 茄子なすす※達成たっせい(コンプリート)すること

緊張したときは「人」という字を3回書いて飲む

プレゼンや、面接の前は、緊張きんちょうしますよね。そんなときに、日本では「人」という字を手に書いて、下の写真のように飲むふりをすると、緊張が無くなる、と信じられています。大切なイベントの前には、試してみてくださいね。

風邪を人にうつすと治る

風邪かぜを引いたとき、他の人に風邪をうつすと、自分が治ると言われています。自分がすぐに治ることはありませんが、インフルエンザなど、人から人にうつる病気はあります。日本ではこうした病気にかからないように、マスクをする人がたくさんいます。

電車やバス、人が多いところで、せきや、くしゃみをするときは、周りに「つば」が飛ばないように、注意してください。マスクをするか、ハンカチを口や鼻におくか、もし何も持っていないときは、洋服で口をおさえるようにしましょう。「くしゃみが私の服についた、どうしてくれるんだ」と、他の人とトラブルになることがあります。

ネコが顔を洗う/鳥が低く飛ぶと、雨がふる

ネコが顔を洗うか、鳥がいつもより低く飛んでいると、雨がふると言われています。これは私の小さいころからの経験で、いまだに信じています。動物たちは自然で起きることを、すぐにわかるといわれており、日本の地震が起きる前にも、海の生き物がたくさん死んでしまったり、鳥はいつもと違う動きをすると言われています。これは「言い伝え」でもあり、研究者たちが調べていること、でもあります。

夜に新しいくつを履いてはいけない

日本では、亡くなった人に新しい靴をかせて、夜に送り出す風習があります。つまり、「夜」と「新しい靴」は「死」をイメージしてしまうので、良くないこととされています。新しい靴を履くときには、少し汚れをつけて、出かけるという人も多いです。

この理由により、靴に泥を付けたり、ペンで靴のそこに×を書いたり、つばをつけたりする風習があるのです。もし、日本の人が自分の靴を汚そうとしてきたら、この「言い伝え」があることを思い出してください。また、雨の日に新しい靴で出かけることも良くないとされています。

耳たぶが大きい人は「お金持ち」になる

耳の下の「耳たぶ」が大きい人は、「えらい人」に多いです。私はこの「言い伝え」を今も信じています。これまで会った「社長」の多くは、耳が大きい人が多いのです。また、耳が内側に向いている人は、人の話を良く聞く人、ということを子供のとき教わりました。あなたの耳はどうですか?

また、足の指の人差し指が、親指よりも長い人は、自分の親よりも「出世しゅっせ:えらい人になる」すると言われています。この他にも、手の薬指が人差し指より長い人は「男性のう」人差し指が薬指より長い人は「女性脳」という話もあります。

この「指の長さ」については、海外でも研究されているようで、「言い伝え」ではなく、本当のことかもしれません。

火事の夢をみたら良いことがある

「夢占い」ということばを聞いたことがありますか。その日見た夢で、あなたの「気持ち」「未来のこと」を知ることが出来ると言われています。火事の夢は、一見縁起が悪い夢だと思うのですが、「火は新しいこと、エネルギーを表す」ため、あなたに良いことが起きると信じられています。

「4」と「9」は良くない数字

別の記事日本人の日本語で、数字について説明をしましたので、読んでください。

お見舞いにいくときは古いお札を渡す

最後に、これは、「言い伝え」というより、文化のひとつですが、お伝えします。知り合いが入院したときのお見舞みまい、または、亡くなったときに渡す「香典こうでん」は、古いおさつ(5,000円、10,000円)を使います。

反対に、結婚式などのお祝いには、新しいお札を使います。これは、お祝いごとに対して「この日を楽しみに、きれいなお札を準備して待っていました」という気持ちを表すためです。

なので、不幸なできごとに対しては「きれいなお札を準備している」と、失礼にあたるため、古いお札を用意します。

もし、コンビニなどで働いているときに、「新しいお札と交換してもらえませんか」と聞かれることがあるかもしれません。そのときは、こうした理由があるので知っておいてください。

まとめ

いかがでしたか。日本で生活するときには、これらの「言い伝え」を知っておくと、もっと日本文化のことが理解できると思います。この「言い伝え」はエリアによっても、意味が違ったり、ユニークなものがあったりするので自分でも調べてみてください。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。