日本のトイレについて

日本のトイレについて

今回は日本の「トイレ」についてお話をします。日本のトイレには機能きのうがたくさんあって、外国の人には、とても人気です。みなさんが、いつも使っているトイレの流し台や便器で、「TOTO」や「INAX」という文字を見たことはないですか?

この2社はどちらも日本の会社です。日本の「トイレ」は昔から、進化をつづけています。今回は「トイレ」についてお話しますので、いま食事をしている人は食べ終わってから読んでください。

日本のトイレの歴史

みなさんは昔の人が、どのようにトイレをしていたか、気になったことはあるでしょうか。たとえばヨーロッパでは、排泄物はいせつぶつまどから、捨てていたそうです。その当時、道がとても汚れていたので、洋服がよごれないように、と「ハイヒール」が出来たそうです。

日本のトイレの歴史は古く、西暦600年、飛鳥あすか時代のころから、川がたくさん流れていた日本では、その川を利用したトイレがありました。木で作った台の上に乗って、トイレをしていたそうです。

また、排泄物は、農作物のうさくもつ肥料ひりょうとなるため、立派な商品として、売られていました。日本では「あらゆるものに神様がいる」という「言い伝え」があり、トイレでさえも、「神様がいる」と考え、捨てるだけではなく、何かに使える方法がないか、考えられていたと言われています。

日本のトイレのいま

このような歴史を持つ日本では、独自にトイレの文化が発達はったつしました。先ほど書いたとおり、日本では「TOTO」と「INAX」のトイレがとても有名です。最近世界で注目されている日本のトイレの「すごいところ」は次の通りです。

「ウォシュレット」(TOTO社)

みなさんも知っている、お湯でおしりを洗うことができる装置そうちです。最近のウォシュレットは、洗った後のおしりを、かわかすことが出来たり、洗う水をミストに切り替えたりすることが出来ます。

また、人がトイレに入ると、自動で「ふた」が開き、終わった後は自動で流してくれます。これに加えて「におい」を取る装置もあります。

日本でウォシュレットを使うときは、洗う水の「強さ」に気を付けてください。たまに、弱~中~強のレベルのうち、「強」になっていて、ものすごい勢いの水がお尻に当たることがあります。

音姫おとひめ

音姫とは、トイレをしている音が周りに聞こえないように、「音楽」が流れる装置です。この音は「川の流れる音」が多く、女性用トイレに、よくあります。もし日本で見つけたら、使ってみてください。

トイレでゲーム

「音姫が女性だけで、ずるい。」と思った男性のあなた。男性限定げんていの装置もあります。その名も「トイレッツ」。これは小便器、尿にょうを出すところに、取り付けられたゲームで、尿のスピードや量でゲームが出来るものです。

私は「トイレッツ」を東京の「お台場ジョイポリス」というところで見つけました。ゲームには負けてしまいましたが、とても面白かったです。この「トイレッツ」で遊べる場所は、日本に100か所以上もあるそうなので、ぜひ見つけて、ゲームにチャレンジしてみてください。

「トイレッツ」が遊べる場所についてはこちら

日本のトイレ「和式わしき

日本にはまだ、昔のスタイルのトイレが色々なところに残っています。このトイレを「和式」といいます。これに対して、先ほどから説明している、皆さんが使っている「座るタイプ」は洋式ようしきといいます。和式トイレは、今もまだ、日本の駅などでよく見ますし、東京でも見かけることが、よくあります。

和式トイレは、イスのように座れないので、腰や足が悪い人には、とてもつらい姿勢しせいになります。混んでいるトイレで「個室が空いている!」と思ったら「和式」トイレであることが多いです。多くの人は使いたくないと考えています。

しかし、和式トイレは「ダメ」なところばかりではありません。「和式トイレでないと、トイレが出来ない」という人もいます。なぜなら、和式トイレは、肌が直接トイレに付かないので、知らない人と、同じトイレに座ることが、イヤな人は安心です。

また、和式トイレの姿勢しせいは、「トイレがしやすい姿勢」だと言われていて、「洋式の座った姿勢ではトイレが出来ない」、という人もいるのです。みなさんも日本に行ったら、和式トイレを使ってみてください。

日本のトイレは海外に

最近は、外国人が日本へ旅行したときに、「ウォシュレット」を買うところを、テレビ番組などで、みることがあります。この人たちは「自分の国の家族にウォシュレットを買って帰りたい」と思っているそうです。

みなさんも日本へ来たときは、ぜひ電気店に見に行ってください。もちろんベトナムでも買えるはずです。

トイレが人気観光かんこうスポット?

「日本のトイレ」は日本に旅行に来る外国人の「観光スポット」のようなものになっています。ある会社の調査ちょうさでは「日本で楽しみなもの」のアンケートで「トップ3」にトイレが入ったことがあるそうです。

トイレが「観光スポット」になる日本、とても面白い国だと思いませんか。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。