ラーメンを食べよう!

ラーメンを食べよう!

日本の名物といえば、「お寿司」や「天ぷら」が昔から人気です。

しかし、ここ最近多くの外国人に人気なのが、ラーメンです。ラーメンのルーツは中国の料理だと言われており、ラーメンのことを「中華ちゅうかそば」と呼ぶお店が今もあります。

日本のラーメンは独自の進化をし、日本を代表する料理の一つとなりました。今回は知っているようで知らない、ラーメンの基本知識について、ご紹介します。

ラーメンの種類

好きなラーメンの種類について語るときは、次のことをベースに知っておくと良いでしょう。定義は様々でいろいろな意見がありますので、参考までに読んでください。

スープ

あっさり

「あっさり」とは、スープの油分が少なく、「さらさら」していて、スープの中の具材や麺が見えるものを「あっさりスープ」と言います。

あっさりスープ

こってり

「こってり」とは、スープに「とろみ」があるもの、味が濃いもの、あぶらが多く含まれているラーメンを指します。

こってりスープ

ダシ

ダシとはスープの香りや味わいを決めるものです。「~ベース」と表現もします。

  • 魚介ダシ(カツオ、 こんぶ、にぼし、など)
  • 豚骨ダシ
  • 鶏ガラダシ
  • 野菜ダシ(玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、きゃべつ、しょうが)
こんぶダシ

ベースの味

スープの濃さが決まったら、次はベースとなる「味」です。

しょう

昔から愛される、最もベーシックな味。あっさり、と、こってりのどちらの味にも使われる、マルチな味。子どもからお年寄りまで、幅広い世代に愛される。

しお

魚介や、鶏からダシを作るため、あっさりしているものの、香りが立つので、女性を中心に人気。塩ラーメンは、味が分かりやすく、ごまかすことが出来ないため、最も作るのが難しい味だと言われている。なので「塩ラーメンを出す店は、おいしい」と言われる。

みそ

味が濃い。「みそ汁」は魚介から「ダシ」を取るが、ラーメンの「みそ」は、豚骨、にんにく、ごまなどが「ダシ」となる。スープの香りや味が親しみやすく、子どもにも人気。

とんこつ

味が濃く、脂が多い。麺は細く、注文するときに「かたさ」を選べる。また、「かえだま」と呼ばれる麺の「おかわり」ができる。豚骨ダシの「ニオイ」が好きな人もいれば、「クサイ」と感じる人も多く、スキ・キライが分かれる。

めん

タイプ

ちぢれ麺・・・・・ちぢれていて、スープに絡みやすい。

ストレート麺・・・持ち上げたときにまっすぐ伸びる、見た目がキレイ。

写真提供:シクヤ製麺

太さ

  • 細麺ほそめん・・・・昔ながらのスタンダードなラーメンに多い。
  • 中太麺ちゅうぶとめん・・・味が濃いラーメンに多い。
  • 太麺ふとめん・・・・味が濃く、脂が多いラーメンに使われる。スープが麺に多く絡みやすい。
太麺

かたさ

  • かため・・・・「み応え」があり、麺が「のびにくい」
  • ふつう・・・・スタンダードな食べ方
  • やわらかめ・・やわらかいので、食べやすい。

エリア

日本のラーメンは、地域によって特徴が違います。

エリアスープトッピング
札幌みそこってりちぢれ麺コーン&バター
喜多方しょうゆあっさりちぢれ麺わかめ&チャーシュー
東京しょうゆあっさりちぢれ麺 ナルト、メンマ、のり
京都しょうゆこってりストレート麺青ネギ、チャーシュー
博多とんこつ こってり ストレート麺 ねぎ、しょうが

ラーメン屋のタイプ

家系

豚骨しょうゆのスープに太麺、チャーシュー、ほうれん草がトッピング。油の量が多いが、注文するときに量を調整できる。ルーツは横浜のラーメン店で、家系ラーメンのお店の名前には「〇〇家」と「家」が付くことが多い。

二郎系

豚骨しょうゆと極太ごくぶと麺、野菜が山のようにトッピングされる。無料でニンニクや脂を増やすことができ、男性にファンが多い。

背脂チャッチャ系

「チャッチャ」とは、オノマトペで、脂をかけるときの音です。完成したラーメンの上に、豚の背脂せあぶらを「チャッチャ」とふりかけてます。かけすぎると、ラーメンの上が背脂で真っ白になり、おなかを壊しやすいので気をつけてください。

大勝軒系

ラーメン界で、一番有名な日本人を知っていますか? 山岸一雄やまぎしかずおさんという方は、「大勝軒たいしょうけん」というラーメン屋を作り、「つけ麺」「魚介とんこつスープ」などを日本に広めた人物です。残念ながら、2015年、80才のときに病気で亡くなりました。

ラーメンではないけど・・

つけ麺

スープと麺が別のお皿に入っているもので、ラーメンよりも味の濃いスープに、麺を付けて食べます。ベトナムのブンチャーのスタイルと同じです。

つけ麺の麺は、冷たい「ひや盛り」と、温かい「あつ盛り」が選べます。また、スープが冷たくなったときには、「温め直し」をお願いすることができます。

麺を食べ終わったら、「スープ割り」をお願いして、器にダシのスープをかければ、濃いスープが飲みやすくなります。※「割り」とは2つのものを合わせることをいいます。(例:ウイスキーのソーダ「割り」)

油そば

「油そば」は、「汁なしそば」ともいい、名前のとおり、スープがないものです。麺や具材にタレがかかっていて、それらを混ぜながら食べます。油そばは、ラーメンよりもカロリーが少ないものが多く、女性の間でも人気です。

冷やし中華

夏になると、ラーメン屋の多くは「冷やし中華」をはじめます。麺に冷たい、酸味のあるスープをかけて、ハム、野菜、たまごなどをトッピングします。日本の夏の定番料理。

インスタントラーメン

「日清カップヌードル」などで知られ、簡単に作れるインスタントラーメンは、世界中で人気になっています。昔ながらの味や、人気ラーメン店の味を再現したものまで、日本中で親しまれている「ラーメン」です。

まとめ

基本的な知識を得ることができましたか?
今後は、おススメのラーメン店を紹介したいと思います。