日本の祝日・カレンダー

日本の祝日・カレンダー

今回は日本の「祝日」についてお話をしたいと思います。日本は世界でも祝日の数が多い国だと言われて、1年で16日お休みがあります。今、日本にいる方、これから日本で働く、勉強をする方も、日本のお休みの日を知り、旅行やイベントの計画を立てましょう! 

これから紹介する祝日の日付は西暦で書きます。なお、祝日が必ず、会社や学校のお休みの日とは限りません。 また、銀行やいつも行くお店が、お休みのことがありますので注意してください。

日本の祝日

元日

1月1日・・・年の始まりを祝いする日。

成人の日

1月の第2月曜日・・・20才で成人せいじん(おとな)になった人をお祝いする日。この日は各市区町村で、セレモニーがあるため、街にスーツや着物を着た若い人がいます。もし見かけたら、知らない人でも「おめでとうございます」と言うと良いです。

建国記念の日

2月11日・・・ 国をおもい、愛する心をもつ日。

天皇誕生日

2月23日・・・天皇陛下てんのうへいかの誕生を祝う日。※2020年から新しく祝日になります。

春分の日

3月20日 or 21日・・・自然をたたえ、生物を大切にする日。

昭和の日

4月29日・・・日本の昭和時代 (1926年-1989年)の復興ふっこうを思い出し、国の将来を思う日(4月29日は昭和天皇の誕生日)

憲法記念日

5月3日・・・ 日本国憲法けんぽうが出来た記念の日。

みどりの日

5月4日・・・自然に感謝して、ゆたかな心をはぐくむ日。

こどもの日

5月5日・・・子どもの幸せをねがう日。街には男の子の成長を願う「こいのぼり」が飾られています。

海の日

7月の第3月曜日・・・ 日本を囲む、海に感謝する日。

スポーツの日

7月24日・・・2020年東京オリンピック開会式の日。※2020年だけで、2021年からは、今まで通り10月第2月曜日がスポーツの日です。

山の日

8月11日・・・ 山に親しみ、感謝する日。

敬老の日

9月の第3月曜日・・・ 社会につくしてきた老人をうやまい、長生きを祝う日。

秋分の日

9月22日か23日・・・祖先、亡くなった人をおもう日。

体育の日

10月第2月曜日・・・スポーツをして健康を考える日。※1964年東京オリンピック開会式の日を記念する。2020年だけは、東京オリンピックが開催される7月24日がスポーツの日に。2020年からは「体育の日」から「スポーツの日」に名前が変わる。 
別記事「東京オリンピック」についてはこちら

文化の日

11月3日・・・ 自由と平和を愛する日。(明治天皇の誕生日)

勤労感謝の日

11月23日・・・労働と生産を祝い、国民がおたがいに感謝する日。

大型連休

祝日が多い月は、3連休以上の長いお休みになることがあります。それを日本ではゴールデンウイーク、シルバーウィークと呼びます。これは、毎年土日と祝日がどのように重なるかによって変わりますが、有給を取って長いお休みを取る人が多いです。ちなみに、銀行などはお休みになるので、お金が必要なときは気を付けましょう。

ゴールデンウイーク

毎年4月29日「昭和の日」から、5月5日「こどもの日」までの期間のことを「ゴールデンウイーク」と言います。(GWとも書きます)

シルバーウィーク

9月の下旬、第3月曜日「敬老の日」と9月22日か23日「秋分の日」が、土日と重なりあうことで、「シルバーウィーク」が出来ます。祝日の曜日によるため、毎年出来るわけではありません。

盆休み

8月13日~15日ごろまでを、「ぼん休み」といいます。祖先のお墓参りをする期間。自分の両親の住むところに帰る人が多いため、この期間は、電車や道路がとても混みます。

年末年始

毎年12月29日~31日、1月3日ごろで、この期間の前後は、会社や学校は、お休みとなることが多いです。

お休みではない、けど特別な日

バレンタインデー

2月14日・・・日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートなどをプレゼントします。この日、男子たちは、「あの子からチョコレートがもらえるのでは。」と落ち着きがありません。チョコレートをもらえなかった男子は、家でお母さんからチョコレートをもらい食べます。

ホワイトデー

3月14日・・・バレンタインデーのお返しに、男性から女性にクッキーなどをプレゼントします。この日、男子たちは、しっかりとお礼をしなければなりません。面倒くさいと思ったり、はずかしいと思ってはいけません。チョコレートをくれなかった女性にプレゼントすれば、来年は、もらえるかもしれませんね。

ひなまつり

3月3日・・・女子の健康を願う日。ひな祭りは花をかざり、女の子がいる家では「ひな人形」というかざりをします。

ハロウィーン

10月31日・・・もともとアメリカのお祭りだったが、2000年ごろから日本でもイベントとして始まった。この日は各地で、コスプレをした人たちが歩いているので、楽しみたい人は参加してみてください。毎年渋谷駅のあたりには、多くのコスプレイヤーたちが集まります。

クリスマス

12月25日、世界中のイベントとなっているクリスマスは、もちろん日本でも行われます。街はクリスマスツリーや、デコレーションでキレイです。東京駅、六本木ヒルズ、 東京タワー、スカイツリー、横浜赤レンガなど・・・いろいろなところで、ロマンチックなクリスマスを楽しめます。友だちや、好きな人を誘ってみましょう。

六曜カレンダー

六曜ろくようは、中国から伝わった、といわれる日本の古いカレンダーです。「六曜」は日本のカレンダーに小さく漢字で書いてありますので、結婚式など、大事なイベントをするときは確認しましょう。

日本では良いことは「きち」、悪いことは「きょう」という字で表します。

大安たいあん・・・一日中、吉(良い日)で、結婚式や入籍、開業や開店のお祝いに良い日。

友引ともびき・・・朝と夜が良い時間だが、昼は凶。「友を引く」といわれ、 お葬式そうしきはしない日。

先勝せんしょう・・・午前が吉、午後が凶。大事なイベントは午前に行うと良い日。

先負せんぶ・・・ 午前が 凶、午後が吉。 大事なイベントは午後に行うと良い日。

赤口しゃっこう・・・昼は吉、他の時間は凶。大事なイベントは行わない日。

仏滅ぶつめつ・・・一日中、凶(悪い日)で、お祝いごとのイベントはしない日。

いかがでしたか、日本の祝日と、大きなイベント、六曜ろくようについてお話しました。みなさんの日本生活の参考にしてみてください。