日本の接客について(おもてなし)

日本の接客について(おもてなし)

今回は、日本のレストランやホテル、コンビニなどのお店で目にする、日本の「接客せっきゃく」についてお話します。みなさんは「おもてなし」という日本語を聞いたことがありますか?

「おもてなし」とは、心を込めてサービスをすることです。日本は、この「おもてなし」を、昔から大切にしてきました。日本のサービスが、世界でも評価が高いのは、この長い「おもてなし」の歴史があるからです。

しかし、私は、この「おもてなし」が日本の「ほこり」である一方、「サービスのしすぎ」につながっていると思います。サービスを「しすぎる」ことで、お客さん側が、王様のように、えらそうな態度たいどを、とる可能性があるのは、良くないと考えます。

「サービスのしすぎ」の例をあげます。

日本のお店でシャツを1枚買います。お会計のあとに、お店のスタッフから「ありがとうございました。お店の出口まで、シャツをお持ちします。」と言われます。レジから入り口までの10メートルくらいを、店員さんと一緒に歩きます。出口に着くと、買ったシャツを受け取ります。

このスタッフさんがシャツを持ってくれる「10メートル」は必要だと思いますか?「シャツ1枚くらい、自分で持てるよ!」と私は思うのです。

(ちなみに、なぜこれをするのか、というと、お客さんへの「おもてなし」と、他のお客さんに、「このお店は人気だ」と見せるために、この接客をしているそうです。)

もうひとつの例です。

日本で電車に乗っているとき、台風などを理由に、電車が止まってしまうことがあります。このとき駅のアナウンスで「みなさま、ご迷惑めいわくをおかけし、誠に申し訳ございません。」という声が、何回も聞こえます。

台風は、駅のスタッフのせい、ではないのに、どうして何回も、あやまるのだろう」と私は思うのです。

日本にはこうした、「おもてなし?」と、思う「接客」がたくさんあります。

日本が人材不足に悩む中で、これから多くの外国人が活躍かつやくして、日本の「接客」を学ぶことになりますが、多くの人にとって、「どうしてこんなことをしなくては・・」と思うことがあるかもしれません。

そんなときのために、接客のルールと、その意味をここで、説明したいと思います。

日本人の「おじぎ」

日本人のイメージといえば、この写真が合っているのではないでしょうか。日本人のコミュニケーションにおいて、「おじぎ」は基本の動きです。「おはよう」「さようなら」「おつかれさま」「ありがとう」「ごめんなさい」どんな時でも「おじぎ」をします。

「おじぎ」は、アジアの他国でもある文化ですが、日本では「あなたに抵抗ていこうしません」という気持ちを表すものから、「おじぎ」が文化になった、と言われています。頭を下げたら、相手が見えなくなるので、相手を信用していないと、おじぎは出来ませんよね。

3つの「おじぎ」

なお、「おじぎ」には3つのタイプがあります。

上体を15°曲げる「会釈えしゃく」、30°曲げる「敬礼けいれい」、45°~90°に曲げる「最敬礼さいけいれい」です。これらは、シチュエーションによって、使い分けます。

  • 会釈(15°)・・・「こんにちは」などのあいさつ。人とすれ違うとき。
  • 敬礼(30°)・・・「ありがとうございました」などのお礼や、相手に気持ちを伝えるとき。
  • 最敬礼(45°)・・・「本当にありがとうございます/本当に申し訳ありません」と強くお礼、または、あやまる、おびを伝えるとき。

この「おじぎ」を日本人は、学校や会社の研修で、必ず練習するものであり、日本では大切な動作のひとつです。なお、「おじぎ」は、下を向きながら声を出すことは、相手に気持ちが届かないため、してはいけません。「ありがとうございます」、「すみませんでした」と目を見て伝えてから、頭を下げます。

「おじぎ」のエピソード

ここで、おじぎに関するエピソードをひとつ。

2009年、当時アメリカのオバマ大統領が、日本の天皇陛下に挨拶したとき、「おじぎ」をしたシーンがニュースになりました。日本では「オバマ大統領が日本の文化を理解し、おじぎをした」と良い評価する一方、アメリカでは「大統領が頭を下げるなんて」と、悪い評価をするメディアがありました。

このときのオバマ大統領の「おじぎ」は、こしを45°以上曲げた姿勢しせい、「最敬礼」のスタイルでした。アメリカからすると「この姿勢は大統領がするべきではない」という考え方であり、また、世界には「頭を下げること」を「良くない」と考える文化もあるそうです。みなさんは、このオバマ大統領の「姿勢」を、どう思いますか。

また、「おじぎ」が習慣しゅうかんである日本人は、たとえば、政治家が海外の政治家と「握手あくしゅ」をするときも、手を握りながら、「おじぎ」をするシーンをみることがあります。この「おじぎ」&「握手」という新しいスタイルは日本人だけの、ものかもしれません。

日本の接客について

話を「接客」に戻します。私は学生時代、 レストラン、居酒屋、バーなど、たくさんの日本の飲食店でアルバイトをしていました。その経験からアドバイスしたいと思います。

日本のレストランには、レストランを運営する本社の人が「お客さん」のふりをして来店し、スタッフの接客を評価するテストがあります。私は一度、店員としてそのテストを知らずに、受けていたことがあり、良い結果では無かったので、店長に怒られました。そのテストのときに聞いた、ポイントを次にまとめます。

「あいさつ」

お客さんが来るとき、帰るとき、には、必ず「いらっしゃいませ/ありがとうございました。」という声かけが、絶対に必要です。これは料理を作る、キッチンの人も、お客さんが見えるところに出れば、同じです。

あいさつをしないスタッフが一人でもいれば、お店の雰囲気ふんいきが悪い、というお店全体の評価になります。「あいさつ」することで、お客さんが話しかけやすい雰囲気を作ることが大事です。

時間を伝える

日本は、電車が3分遅れるだけで、駅のスタッフが、謝り、遅れたことを証明する「遅延証明書ちえんしょうめいしょ」を発行する国です。1分や2分の短い時間でさえも、飲食店においてでも、とても大切だと、理解してください。

特に、料理を出すのが遅くなるときには、お客さんにあと何分待ってもらいたいのかを、伝えることが大切です。「あと、ちょっとです」などと言うと「ちょっと、って何分ですか」と聞かれることもあります。

オーダーした料理が出ているか、デザートを出すタイミングはいつか、お客さんに声かけをして、注意してください。

距離きょりをおく、人の後ろに立たない

日本人の「パーソナルスペース」は、他の国よりも、広いと言われます。他人との距離を広く取るのが、日本の文化のひとつです。たとえば、注文を取るときに、1メートル以上の距離を空けずに、近づいたりすると、日本のお客さんは怖がります。

また、日本では、人の後ろに立つことは、良くありません。日本の「サムライ」が「俺のうしろに立つな!」というフレーズは有名です。 体の後ろのスペースに「恐れの位置いち」という名前があるほど、このスペースは、気にしなければなりません。

これは私の体験ですが、ベトナムでお店に行くと、よく後ろにスタッフの人が立っていることがあります。何か手伝ってくれようとしているのは、わかるのですが、このとき、やはり、私は「スタッフの人が攻撃こうげきしてくるかも・・」と怖くなるのです。

また、これは、電車やバスを、待っているときなども同じです。 「後ろから押されるのでは・・」と怖い気持ちになるのです。

レストランなどでは、「どこに立つべきか」を、気にかけてください。

あやま

飲食店では、トラブルが起きることは、あると思います。こうしたときに、あなたが悪いことを、していなくても、「申し訳ございません。」と謝ることが必要なシーンがあるかもしれません。

これは、お客さんのテーブル担当として、お店を代表して、「おび」を伝える意味があり、日本のお客さんと、うまくコミュニケーションするためには、必要な「接客」です。

ただし、自分で全て答えようとせずに、「申し訳ございません。店長(またはマネージャー)に確認を取りますので、少々お待ちください。」と伝えると良いでしょう。日本人のスタッフでさえ、こうしたトラブルを、はじめから上手に解決できる人はいません。

こうしたトラブルは落ち込みますが、「勉強になった」と思い、次から良いサービスが出来るようがんばりましょう。

なお、「すみません」というお詫びの言葉を「すいません」という人がいますが、これは正しい日本語ではないため、注意してください。

料理は、オーダーのとおりに。

これは、どこの国でも同じで、「アイスコーヒー」を頼んだのに、「ホットコーヒー」が出てきたらお客さんは怒ると思います。こうしたことに加えて日本では、次のようなクレームがあります。

  • 温かい料理が、冷めている。
  • 料理に髪の毛、小さなゴミ、虫が入っている。
  • 料理の出す順番が違う。(サラダが一番先に出てくるべき)
  • 3つ頼んだ料理のうち、1つがいつまで待っても来ない。

料理を出すときには、テーブルを間違えない、だけではなく、料理が作られてから時間が経たないよう、髪の毛やゴミが入っていないか、注意してください。また、料理を出す前には、テーブル上の調味料、おはしやフォーク、紙ナプキンがセットされ、数が足りているか、しっかり確認しましょう。

また、お客さんが座る前に、テーブルが汚れていないか、テーブル下にゴミがないか、テーブル、イスがれたり、こわれていないか、確認してください。テーブルの上に水滴すいてき、スプーンやフォークに「水あか」が1つでもあると、お客さんは「キレイではない」と判断します。

私は、こうしたルールの中、飲食店で働きながら、「フォークくらい、自分で取りにいけばいいのに」と思ったことがあります。しかし、お客さんが、気持ちよく、おいしく、食べてもらうためには、自分の出来るベストなサービスをすることが大切だと学びました。

お客さんを喜ばせるのは、料理だけではなく、「接客」もそのうちの一つになるのだと思います。

レストランの接客に向いている人

レストランで働くひとは、次のようなタイプの人が、向いていると思います。

  • 人とコミュニケーションをとることが好きな人
  • キレイ好きで、細かな違いに気づきやすい人(机に〇〇がない、など)
  • 同時にいろいろな仕事をこなし、忙しい仕事を楽しめる人
  • 人が何を考えているか、求めているか、気を配ることが出来る人
  • 体力に自信がある人(重いものを持ったり、遅くまで働いたりするため)

まとめ

レストランを例に、日本の「接客」についてアドバイスをしました。レストランだけではなく、ホテルやコンビニなどでも、大切なことは、「お客さんが何を求めているのか」気づくことができるスキル、だと思います。この「気配り」こそが「おもてなし」なのだと思います。

また、日本語を勉強している、みなさんには、日本人のお客さんの言うことが、わからないときが、あるはずです。こうしたときに「日本人のスタッフを呼んでください」と言われることが、あるかもしれません。

とても悲しい気持ちになると思うのですが、これもまた「勉強になった、次は答えられるようにしよう!」と思えば良いのです。

今、日本にあるレストランやコンビニでは、本当に多くの外国の方が働いています。多くの日本の人は、みなさんの仕事にとても感謝かんしゃし、高い日本語スキルに、感心かんしんしています。

真面目に仕事をしていれば、きっと、だれかが見てくれています。お客さんにベストのサービスを出せるよう、いつも心がけてください。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。