日本人の「性格」をつくる学校教育

日本人の「性格」をつくる学校教育

今回は日本人の性格に深くかかわる「教育」についてお話します。みなさんにとって日本人は、どんな人というイメージがありますか?よく日本人は「チームワーク」が上手ですが、「自分の意見を伝える」ことが下手だと言われます。

こうした日本人の性格はどのように出来ているのかを、みなさんと考えたいと思います。

日本の学校教育で教わること

団体行動だんたいこうどう

日本の教育は、3~4才ころの幼稚園ようちえんからはじまります。幼稚園では、子どもたちが先生の弾くピアノに合わせて、歌を歌います。また、外をさんぽしたり、公園にあそびにいったりしますが、このときは、必ず列を作り、手をつないで行動します。

もしルールを守らない子どもがいると、先生はすぐに注意ちゅういします。幼稚園ではイベントとして、子どもたちのお父さん、お母さんを呼び、楽器がっきを使ったりして、げき(ミュージカルのようなもの)をやります。これを発表会はっぴょうかいといいます。

この教育カリキュラムには「みんなで、協力しあい、ゴールに向かう」ことがコンセプトにあります。この考え方は、幼稚園からはじまり、中学校までつづきます。

スポーツ教育(体育)の大切さ

幼稚園が終わり、小学校へ行くと、体育たいいくに力が入ります。体育のクラスでは、たくさんのスポーツを通じて、団体行動の大切さを学びます。クラスには、スポーツが好きな子もいれば、きらいな子もいます。そうしたときに、みんなで助け合って、教え合って、「できた!」のよろこびを共有します。

また、小学校と中学校では、年に1回、運動会うんどうかいというスポーツイベントが開かれます。ここでは学生たちが、2つのチームに分かれて、ポイントを多く取ったほうが勝ちます。

このチームは赤と白のチームに分かれて、学生たちは同じ色の帽子ぼうしをかぶり、たくさんのゲームで戦います。 (下の写真は、大きなボールをどちらが先に、ゴールまでもっていけるか、というゲームです。)

また、それぞれのチームは同じチームの仲間を応援おうえんするだけでなく、相手のチームを応援するセレモニーがあります。これを「エール交換」といいます。

相手の「がんばり」を称(たた)える

日本では “自分のなかまではない” 相手を称える習慣しゅうかんがあり、「相手がいるから、この試合ができることを感謝かんしゃする」と教わります。

たとえば日本のスポーツである「柔道(じゅうどう)」や「空手(からて)」ではれいにはじまり、礼に終わる」という言葉があり、これは「試合の前も、後も相手をリスペクトしなさい」ということを表しています。「柔道」や「空手」のことを「武道(ぶどう)」といいますが、試合では、必ず始まる前、終わった後、頭を下げて、相手に「礼」をしています。

クラブ活動にある文化

日本では、中学校と高校では多くの学生がクラブ活動をします。中でもスポーツのクラブ活動は、教育がきびしく、だれかひとりが、まちがったことをしたら、みんなで反省(はんせい)するというルールがあります。これは連帯責任れんたいせきにんといいます。たとえば、このようなケースです。

サッカー部のAさんが、練習をサボったことが、コーチにみつかってしまった。コーチはクラブのみんなを集めて、グラウンドを10周させた。

バドミントン部のBさんが、学校に持ってきてはいけない、おかしを持っていた。これを知ると、コーチはクラブのみんなに、学校のそうじを、毎朝1時間するように言った。そして、全員に髪の毛を坊主ぼうずにしてくるように言った。

「誰かがミスしたことは、みんなで責任を取る」ことで、「チームワークが強くなる」と日本では昔から信じられています。しかし、こうした教育は、パワーハラスメントではないか、という人もいて、今日本では、とても問題になっています。なので最近では、「ほめる」教育も注目されていて、やさしいコーチが、たくさん増えてきました。

頭を丸める文化

日本では、頭を坊主にして、反省を表す文化があります。そして、なぜかわかりませんが、野球やきゅうクラブの学生は、必ず坊主にしています。 どうして、このルールが野球部にだけあるのか、誰もわからないです。

ちなみに、「坊主」はファッションでもありますので、もし日本で坊主の人を見ても、みんなが何かに反省しているわけではない、ということを、おぼえておいてください。

日本の学校ではこいがタブー?

日本の学校教育においては、もうひとつ、きびしいルールがあります。特にクラブ活動をしている学生は、「ボーイフレンド、ガールフレンドを作ってはいけません」といわれることが多いです。

この理由について「クラブ活動に集中できないから」と先生から言われます。でも、好きな人と付き合えないほうが、集中できないと思いませんか?

日本の学校には「よくわからないルール」がたくさんあるので、最近では、きびしすぎるルールを変えてほしい、と声をあげる学生も出てきました。 このほかのルールには、次のようなものがあります。

男子は髪の毛を短くすること、女子は髪を結ぶこと、女子は下着ブラジャーの色を白にすること、授業じゅぎょう中にはトイレに行かないこと・・・・

学生たちは、これらのルールを絶対に守っているわけではなく、昔からみんな先生に、ばれないようにしていました。「恋をしてはいけません」といわれたら、「恋をしてみたくなる」のが人間ですよね。

「なぜこのルールがあるのですか?」と先生に聞くと「みんな同じルールで生活しないといけない」と話します。「ほかの人と同じでいなさい」という教育は「パーソナリティ」をなくし、「自分を表現する」ことができなくなってしまいます。だから日本人は「自分のパーソナリティや、意見を伝えること」がとても下手なのだと思います。

来たときよりもキレイにして帰りなさい

日本の学校教育は、悪いものばかりでなく、良いものもあります。日本では小学校から高校まで、お昼ごはんのあとに、「そうじ」の時間が毎日あります。「自分たちが使うところを、自分たちできれいにする」ことを学ぶためです。

日本では学校の旅行に行くときに「来る前よりもホテルの部屋をキレイにして帰りなさい」といわれます。ホテルのスタッフがキレイにしてくれている部屋なので、それよりもキレイにすることが無理なのは、わかっていますが、「それくらいの気持ちで、片付けをしなさい」という意味があります。

実際に私もクラブ活動をしていたときに、ホテルを出るときは、掃除をして、ベッドをきれいにして、ホテルの人に大きな声でお礼を言うことを、必ずしていました。

サッカーの試合のあとに日本人の選手がロッカールームをキレイにし、日本人サポーターがごみ拾いと片付けをして帰ることが、「すばらしいこと」として世界でニュースになりましたが、これは日本の学校教育で教わることなのです。

ちなみに、学生時代、ホテルの部屋を「キレイにして」出た私は、うっかり部屋に忘れものをしました。それがわかるとコーチは「ホテルに迷惑めいわくをかけた」という理由で、全員にグラウンド10周走るように言いました。日本の学校教育は、いいところも悪いところも、今の日本人の「性格」に深くかかわっています。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。