日本企業の「企業研究」のコツ!

日本企業の「企業研究」のコツ!

面接対策シリーズでも書きましたが、面接において「企業研究」というのは非常に大事になってきます。

日本企業の面接対策①―自己紹介-
日本企業の面接対策⑤-応用編-

日本では、このほかにも「業界研究」が就活生には大事だとされています。「その会社が業界内でどのような立ち位置にいるのか」知ることは大切なことです。これは、インターネットよりも、書店に売っている「会社四季報 業界地図」などが分かりやすく人気です。(東洋経済新報社)

今日は「企業研究」のうち、企業のホームページを使い調べる、「企業研究の方法」を紹介します。

企業研究とは

企業の業界内での立ち位置、取引先、設立年度、事業沿革、従業員数、事業内容・・・ など、さまざまな情報を調べ、自分が入社したい企業を調べます。

企業研究のコツ

企業を知るためには、その企業にインターン研修で参加したり、説明会で社員の人と直接話すことが一番良いでしょう。

しかし、そのような機会は毎日与えられるわけでもなく、海外にいたり、企業所在地から離れていたら、企業を訪問することは難しいです。

そんなときは、企業のホームページを調べて、企業研究をしましょう。

ホームページで見るべきところ

会社情報/会社概要

ここでは、以下の情報が確認できます。

  • トップ(代表者)メッセージ
  • 設立年月日
  • 経営理念
  • 事業内容
  • 事業所数(支店数)
  • 海外拠点
  • 従業員数
  • 資本金
  • CSR活動

トップ(代表者)メッセージ

代表者の人柄、社風を理解できます。もしあなたが将来、その企業に勤めたら、代表者の顔と名前を覚えておく必要があります。

設立年月日

歴史ある企業には、あなたが従うべき「伝統」が存在し、社会的な「知名度」があります。新しく設立された企業には、「勢い」と「自由さ」があります。どちらがあなたにとって、向いているか考えてみてください。

経営理念

経営理念が、自分のビジネススタイルと合わないと仕事は長続きしません。就職活動の際には、経営理念を必ず調べて、入社したい企業には、面接で経営理念への共感をアピールしましょう。

事業内容

自分が希望する部門、ポジションの他にも、その企業がどのようなサービスを行っているか知ることは大切です。入社してから、「他部門は、私には関係ない」という態度は、非常にマイナス評価となりやすいため、気を付けてください。

事業所数(支店数)

企業の本社がどこにあり、事業所がどこにあるのか必ず確認します。場合によっては東京に住んでいるあなたが、大阪支店や福岡支店に配属する可能性もあります。面接では、配属先を聞いておくと良いでしょう。

海外拠点

海外拠点の情報については、ベトナム、または東南アジアに展開をしているかどうか、確認しましょう。面接で「何か質問がありますか」と聞かれた際には、ベトナム拠点の状況や、今後の進出予定など、聞くことができるはずです。

従業員数

従業員が多い企業ほど、業界での存在感は大きいものです。従業員数が少ない企業に入れば、あなたに回ってくる仕事は多く、活躍の幅が広がります。

資本金

会社の「財力」を知ることは大切です。専門用語が多いですが、理解できる人は「株主・投資家情報」「IRライブラリー ( Investor Relations)」「決算短信」などを読み、会社の状況をつかむようにしましょう。

CSR活動

(Corporate Social Responsibility)「企業の社会的責任」を意味しています。この活動には周辺地域への奉仕活動、環境問題に対する自然保護活動、教育・事前活動などを指します。こうした取り組みは面接で企業に伝える「企業への興味」につなげやすい題材となるはずです。

また、社内の従業員に対する「制度」を積極的に設けていることをアピールしている企業では、以下のような記述があります。

  • ダイバーシティ制度( 人種・国籍・性・年齢などの多様性を重視し、人材採用する )
  • 育児・出産休暇の推進
  • 障がい者雇用の推進
  • 女性活躍社会への推進(女性管理職を増やす取組み)

先輩社員の声

企業のホームページには「良いところ」の情報ばかりが並んでいますが、「先輩社員の声」には、彼らの「本音」が分かります。こうしたページを自社内で作成して、企業のクリーンさをアピールしている企業からは、良い企業である「自信」を感じられますので、一つの判断材料として良いかもしれません。

採用情報

企業の採用情報を確認することで、企業の「本気度」を知ることができます。また、「どのような人材を求めているか」を知ることで企業の事業計画、経営方針まで理解することが、できるかもしれません。

まとめ

企業研究については、上記でご紹介したものを参考に、企業への理解を深めてください。この研究を行わないまま面接をすると、きっと後悔することがあるはずですので、忘れずに実施してください。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。