日本企業の面接対策④―入社条件―

日本企業の面接対策④―入社条件―

このシリーズでは、日本で働くうえで、避けては通れない「面接」の対策についてお話します。第4回目は、大切な「入社条件」について、です。

シリーズの別記事:
日本企業の面接対策①―自己紹介編-
日本企業の面接対策②-職務経歴・転職理由-
日系企業の面接対策③-人物評価-
日本企業の面接対策⑤-応用編-

(その他)
面接に関する基礎的な情報はこちらの別記事:日系企業のインタビュー経験
履歴書の書き方に関する情報は、別記事:履歴書の書き方について

この記事では具体的な質問内容を上げ、知っておくべきポイント、気を付けるべきこと、について、これまで数百人のベトナム人面接に関わってきた私から、「日本人の目線」からアドバイスしたいと思います。

面接で聞かれる質問

ポジション・業務内容

  • 応募したポジションと業務内容は、しっかり理解します。
  • 複数社受ける場合に、他社の求人と混乱しないようにします。
  • 「求人票を見れば、わかること」を自分の口で話せるか、面接官は見ています。
  • 「この会社の仕事内容は、わかりますか?」の問いに明確に答えます。

良くない例

  • ✖「総務ポジションに応募します。総務の仕事をします。」
  • ✖「総務の仕事だと思います。」
  • ✖「働くチャンスがあれば、何でもやります。」

これまで面接サポートをしてきて、ポジションタイトルは分かっていても、仕事内容を話せる人は、多くありませんでした。

「~だと思います。」という表現を使う人が多いですが、これは「確かな答えをもっていないですが」というニュアンスで伝わるため、この質問においては、マイナス評価になります。面接の回答は常に、「~と考えます。」「~です。」と言い切ります。

「何でもやります」というのは、言葉としては良いように聞こえますが、「自分のミッションや役割」を理解していない、というマイナス評価にしかなりません。


正しい伝え方

〇「総務ポジションにて、社内の人事・経理・社内の連絡調整・日本人代表のサポートをします。これまでの経験が活かせると考えます。

〇「 自分のミッションは人事・経理を含めた総務です。御社の新規事業をサポートするため、このほか発生する業務についても、必要に応じて臨機応変に対応します。」


給与・条件

  • 求人票に書いてある給与額を確認します。
  • 求人票に給与額の記載が無い場合は、現在の給与、または他社の同ポジションの給与を複数参考にします。
  • 希望給与額が明確にある場合は、そのまま伝えます。
  • 現在の給与、希望給与額は「円・USD・VND」いずれの通貨も、日本語で言えるようにします。

面接サポートをする中で、多くの方が、日本語の数字の読み方に苦労していることがわかりました。これは、日本の独特の数え方があるためで、日本人でもすぐに言えない人がいます。

こればかりは、事前に準備をする以外方法はありません。以下の数字を正しく読めるか確認しましょう。

  • 3,572,000円・・・・ ?
  • 158,000円・・・・ ?
  • 1,950USD・・・・ ?
  • 24,800,342 VND・・・
  • 531,000,000 VND・・・?

日本の数字の数え方には、「十」「百」「千」「万」「百万」「千万」「億」・・という単位があり、ベトナム語や英語の数え方と違います。

つまり、日本人にとって、”hundred”,”Thousand”, “Hundred Thousand”,”Million”・・・という数え方は習慣にありません。

日本人の面接官に対しては、日本語で数字を伝えることができるように、十分注意してください。(読み方はインターネットで数字を入力すれば、調べることができます。こちらを参考にしてみてください。)

(先ほどの答え)

  • 3,572,000 円:さんびゃく ごじゅう ななまん にせん (えん)
  • 158,000 円:じゅうご まん はっせん(えん)
  • 1,950 USD:せん きゅうひゃく ごじゅう (USD)
  • 24,800,342 VND: にせん よんひゃく はちじゅう まん さんびゃく よんじゅう に (VND)
  • 531,000,000 VND: ごおく さんぜん ひゃくまん (VND)

福利厚生

以下の質問は、面接であなたが質問する内容としてふさわしくありません。

  • ✖「有給休暇はいつから取れますか?」
  • ✖ 「年間で休日はどのくらいありますか?」
  • ✖ 「1年に1回、母国に帰りたいですが、交通費はいただけますか?」
  • ✖ 「社員旅行はありますか?」
  • ✖ 「残業はありますか? ある場合、残業手当は出ますか?」

まず、求人票に書いてある情報を、わざわざ聞くことは、良くありません。「それは、求人票を事前に読んでください」と面接官に思われてしまうかもしれません。

「お休みがほしい」「お金がほしい」という希望が、直接的に伝わる質問をすることは避けてください。面接の最後に、「何か質問はありますか」と聞かれ、これらを話す人が多いですが、面接の最後に、良くない印象で終わることは、おススメできません。

たとえば、残業時間について質問する場合、聞き方を変えれば好印象になります。


〇「仕事終わりに、日本語クラスを受講しようと考えています。今オンラインスクールを探しているのですが、平日は週に何時間程度の残業を想定しておけば、良いでしょうか。」


これにより、「残業を拒まない意思表示」「日本語学習に関する意欲」が伝えられます。

住環境

日本生活において、仕事場以上に長く滞在するのが、家になります。この点は、どのような環境下で生活をするのか、しっかり確認しておきましょう。

  • あなたが住むのは、会社の寮か、アパートか。
  • 住む寮、アパートは一人か、複数人で住むか。
  • 1ヵ月あたりの家賃・光熱費等、どの程度の経費を想定すれば良いか。
  • 住む場所から会社までの通勤方法(徒歩?自転車?電車?)
  • 住む場所から会社までの通勤時間

具体的な質問をすることで、「本当に入社したい」「入社後のことを真剣に考えている」ことをアピールできます。

勤務開始日

仕事を始めることができる日は、確実に決めておくようにしましょう。日本では、この入社日が遅くなることは、タブーです。外国人社員とのトラブルで、この勤務開始日については、非常に多くの日本企業が問題を抱え、悩んでいます。

良くない例

  • ✖「今の会社の仕事が終わったら、入社できる日を連絡します。」
  • ✖「4月には、入社できると思います」(「思います」はNG)

先ほども書きましたが、「思います」は、「あなたのこと」なのに、「〇〇と思います、(本当のことは知らないけど)」と、「他人事」に聞こえてしまう、危ないワードです。

これは、日本人の口癖でもありますが、たとえば営業マンがお客さんに、

  • お客さん「御社のサービスは全部で、98,000円ですね。」
  • 営業マン「はい、そうだと思います。」

この答えは、お客さんに対して、「発言に責任を持たない人」という印象を与え「不信感」を与えてしまいます。

正しくは、営業マン「はい、おっしゃる通りです。」と答えます。

正しい伝え方

  • 〇「御社のスケジュールに合わせます」
  • 〇「4月1日から入社できます。」(月、日まではっきりと)

希望勤務期間

Q「あなたは、どのくらい弊社で働きたいと思いますか?」

これは、日本人にとっても、正解のない、難しい質問です。しかし、アドバイスするとなれば、多くの日本企業のビジネスマンには、「3年働いて、1人前の社員になる」という考え方があります。

これは、「3年でやっと、日本社会や会社、業界のことが分かる」という考え方によるものであり、企業が勤務期間を指定(1年、2年のみ)していない限りは、このビジネスマインドを知っておく必要があります。

これに対し、もしあなたに3年未満の勤務を希望する正当な理由がある場合には、ウソをつく必要はありませんが、何となく「日本で働きたい」と考えている人は、この「3年」を一つの基準として、よく考えてみてください。

これは、家族ともよく相談しなくてはならないことですし、もし「3年」と言いながら、半年や1年で母国に帰る人が多いと、「ベトナム人は約束を守らない」というイメージがついてしまいます。一人一人の言動が、その国民の印象を与えることを、ここで認識しておいてください。

帰国の時期

日本で長く働きたい、と考える人でも、この質問には、確かな答えが必要です。


  • 〇「家族とも話し合い、3年から5年間は、しっかりと日本で仕事をする気持ちがあります。
  • 〇「御社でできるだけ長く働きたいと思いますが、私には、どのようなキャリアプランが考えられますでしょうか」

こうした答えができれば、面接官の印象は、とても良いものになります。

しかし、無責任にこのフレーズを使うことは避けてください。これらは、あくまで参考例であって、あなたと、企業の面接においては、「事実」を共有し合う必要があります。

まとめ

日本企業の面接対策、第4回目は「入社条件」に関する質問、についてアドバイスしました。以下まとめです。

  • 応募するポジション、業務内容、福利厚生は求人票に記載された事項をしっかり読んでおく
  • 数字は、日本語で、円、VND、USD、どの通貨でも答えられるようにする。
  • 住環境に関する質問は、生活費を試算するうえで大切なことなので、確認をする。
  • 希望条件や入社時期について「~と思います」という表現は避ける。
  • 日本での勤務期間は家族とよく話し合い、具体的な目標を持つ。

面接対策の記事はこのほかにも続きます・・・・

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。