日本企業の面接対策②-職務経歴・転職理由-

日本企業の面接対策②-職務経歴・転職理由-

このシリーズでは、日本で働くうえで、避けては通れない「面接」の対策についてお話します。第2回目は「職務経歴・転職理由」についてです。

シリーズの別記事:
日本企業の面接対策①―自己紹介編-
日本企業の面接対策③―人物評価―
日本企業の面接対策④―入社条件―
日本企業の面接対策⑤-応用編-

(その他)
面接に関する基礎的な情報はこちらの別記事:日系企業のインタビュー経験
履歴書の書き方に関する情報は、別記事:履歴書の書き方について

この記事では具体的な質問内容を上げ、知っておくべきポイント、気を付けるべきこと、について、これまで数百人のベトナム人面接に関わってきた私から、「日本人の目線」からアドバイスしたいと思います。

面接で聞かれる質問

どうして日本(日本語)に興味を持ちましたか?

  • 日本または日本企業で働きたい理由につながる話をします。
  • 「どうして~した?」と過去形の質問ですが、期待する答えは「日本で、日本語でこれから何をしたいか」という未来の目標です。
  • ベトナム人の失踪や犯罪が問題視される中で、非常に重要な質問の一つです。

これまで多くのベトナム人の面接に関わってきた中で、

「小さいころからアニメやマンガの文化にふれ・・・
日本の文化、歴史に興味があり・・・
日本に旅行、留学したことがあり・・・

こうした理由を答える人が多い印象でした。これらは悪い答えではないですが、もう少し言葉を付け加えると、立派な志望動機になります。たとえば・・・


正しい伝え方

「アニメなどを通して親しみのある日本ですが、日本の経済やビジネスなど、その他のことも知りたくなり、日本語を勉強しています。」

〇「ベトナム経済にも大きく貢献した日本の技術力に関心を持ち、自国の発展に貢献したいと考え、日本で働くことを決意しました。」

〇「日本留学の経験から、日本社会を支えてきた日本人の働き方に関心をもち、自らも日本語を使って挑戦したいと考えました。」


相手の企業、国、文化、技術や歴史に敬意をもって話すことが重要でしょう。こうした理由は、今から考えるとしても、遅いことではありません。

こうした理由を考え、他人に言い続けることで自分のモチベーションにもなるはずです。本音には、お金を稼ぎたい、という気持ちがあっても、それだけの理由では、長く日本で、日系企業で仕事をすることは、苦しみにつながってしまうかもしれません。

これまでのキャリア/仕事内容を教えてください。

  • 自己紹介の職務経歴よりも、さらに詳しく体験談をふまえて説明します。
  • 経歴について、ウソをつくことは絶対にしてはいけません。

一般的に「職務経歴」は過去から現在の順に沿って説明しますので、

各社の職務経歴(正しい伝え方)


〇「△△大学を2015年に卒業し、新卒でA社に入社しました。こちらでは、〇○の業務を担当しておりました。このほかに・・


ここは、みなさん共通して、しっかりと話せるように準備しておくべきです。


〇「入社から1年後、〇〇に配属し、□□のプロジェクトを任されました。こちらでは約2年間、チームにいた10人のスタッフをまとめるリーダーとして、企画書作成、営業交渉、スケジュール管理を行いました。


入社後、自分がアピールできる経歴を話します。日系企業が評価するポイントとしては、

  • 業務をはじめから最後まで、自分の手で完了させたか。
  • チームをリードしたり、サポートしたり、役割を持って仕事をしていたか。
  • 会社や上司から信頼を受け、ある程度責任のある仕事を持っていたか。
  • 1つのプロジェクトを1年以上、1つの会社で2、3年勤め続けていたか。
  • スケジュールを管理し、仕事を行うことができたか。

こうした点がポイントとなります。

職務経歴については、「経験がないこと」を「経験があります」とウソをつくことは決してしないでください。

経験がないから採用しない、ということではありませんし、「経験がある」とウソをついて入社してから苦しむのは、あなた自身です。経験が無い場合、たとえば、


正しい伝え方

Q.経理の経験がありますか?

A.「経理の経験はありません。しかし、総務業務全般を担当していた際に、経費精算など、お金を計算し、帳票管理する経験はありました。」


というように、経理ポジションの経験、資格がなくても、関連業務の経験があることを伝えるのは良いでしょう。

転職理由

〇「A社で3年勤めたのち、さらなるスキルアップを目指したいと考え、B社に転職しました。B社ではこれまでの営業企画の他、経営管理の仕事を任せていただきました」

転職理由は、面接官が最も気にする質問の一つと言っていいでしょう。
ここでポイントなのは、転職理由が「前向き(ポジティブ)」であることです。


  • ✖「仕事が退屈になり、給料も低かったので、辞めました。」
  • ✖「上司や同僚と意見が合わず、辞めました。」
  • ✖「会社の雰囲気が悪く、辞めました。」

こうした理由が、本当の理由だとしても、積極的に言うことはおススメしません。他社、他人の否定は、「この会社も同じ理由で辞めるのでは」という不信感につながります。事実を話すにも「伝え方」が大切です。


✖「仕事が退屈になり、給料も低かったので、辞めました。」

→〇「自分の仕事の幅を広げたいと考え、キャリアアップのチャンスもありましたので、A社を退職しました。」


伝え方ひとつで、まったく印象は異なるはずです。

また、家族の都合(親の介護)、自身の体調不良が原因である場合は、その旨を正直に説明してください。ただし、この説明のあとには「今は介護、病気など、仕事に影響があるものはない」ことは、しっかり伝えましょう。

ベトナム多くの人は1年、2年で会社を転職している場合が多いですが、それぞれの転職について「理由」を説明できるようにしましょう。

これまでの仕事でどんな成功や失敗がありましたか?

  • 成功と失敗はどちらの体験談も必ず「良い結果」で終わるように話す。
  • こちらもウソをついて話すことはしない。
  • あなたの答えにたいして、さらに2つ、3つの質問がくることを予想する。

私は1年間会社の新規プロジェクトのリーダーとしてかかわり、チームのモチベーションを保つことに苦労しました。ときにもめごとや、チームの分断を経験しましたが、チームにとって最善の方向を見失わないようにしました。1年後このチームは目標の売上を達成しました。


  • Q.具体的に、どのようなもめごとがありましたか?
  • Q.チームにとって最善の方向とは、どのようなものでしたか?
  • Q.この経験から、あなたが得たものは何ですか?

どのような体験談にも、その詳細を聞くための質問が来る可能性はあります。


「A社にいたとき、お客様とのメールのやり取りで、お客様に誤解を与える文章を送ってしまい、怒らせてしまったことがありました。自分の日本語には自信があったのですが、まだまだ勉強が足りないことに気づきました。

  • Q.具体的に、どんな文章を送ったのですか。
  • Q.そのとき、お客様とのトラブルをどのように解決しましたか?
  • Q.その経験から、どのようなことに気を付けるようになりましたか?

こちらは失敗談ですので、その後の対策をしっかり説明する必要があります。

「まずは上司に報告をし、指示を受けました。メールで謝罪するのではなく、電話で話して謝りました。このときは仕事に慣れたころで、自分で考え行動していましたがお客様とのやり取りは、日本人上司に相談をしながら対応するようにしました。」

この経験から、メールだけでやり取りをせず、直接お話することの大切さ、自分で判断せずに、周りと相談しながら進める大切さに気づき、気を付けるようになりました。」

まとめ

日本企業の面接対策、第2回目は「職務経歴・転職理由」についてアドバイスしました。以下まとめです。

  • 日本で、日系企業で何をしたいか、未来の目標を伝える。
  • 職務経歴や転職理由でウソはつかない
  • 「伝え方」ひとつで、あなたの印象は180度変わることを知る。
  • あなたの回答に対して、続けて質問されることを予想しておく。

面接対策の記事はこのほかにも続きます・・・・

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。