日本でお部屋をさがす!

  • 更新
  • 生活
日本でお部屋をさがす!

今回は、日本で「部屋さがし」をするためのコツなどについて、お話します。

日本では外国人向けのアパートが増える一方、外国人とのトラブルにより、「外国人に部屋を貸さない」というアパートがあります。

安心・安全に「部屋さがし」ができるように、この記事を参考にしてください。

基礎知識

知っておきたい「ことば」

日本で、お部屋を紹介してくれる会社を「不動産屋ふどうさんや」と呼びます。
また、アパートなど建物のオーナーのことを「大家おおや」(さん)と呼びます。
みなさんが「借りる」お部屋は、「賃貸ちんたい」と呼びます。

これらのことばは、日本語で覚えておきましょう。

敷金・礼金・仲介手数料

日本の不動産の文化として、「敷金しききん礼金れいきん」があります。これらはそれぞれに「家賃1か月分」かかることが多いです。

敷金・・・部屋を借りる人が、大家さんに預ける「保証金」のこと。
礼金・・・大家さんに、借りるお礼に支払うお金のこと。
仲介ちゅうかい手数料・・・不動産屋に払うサービス料のこと。

敷金は、部屋を退去するときに戻ってきますが、礼金は返ってきません。

最近では、「敷金・礼金ゼロ」、「仲介手数料無料・50%」という不動産会社もあります。不動産屋を選ぶときのポイントにしてください。

一般的には、1~2年契約になりますので、トータルでいくら支払うことになるのか計算すると良いでしょう。

不動産屋

最近日本では、外国人向けの不動産屋が多くなってきました。しかし、どこの不動産会社が良いところか、見つけるのは難しいので、日本にいる知り合いに問い合わせすることが、一番良いかもしれません。

ここでは、日本で有名な不動産大手2社が「外国人向けサービス」を行っているので、安心できる会社として、リンクを掲載します。

スーモ(SUUMO)(英語サイトあり)
エイブル(CHINTAI)

東京・神奈川の不動産会社を検索する方はこちら(SUUMOウェブサイト内)

コスト

日本で部屋を借りるときのコストは以下のとおりです。

はじめにかかるコスト

家賃・・・2~3か月分
敷金・礼金・・・それぞれ約1か月分
仲介手数料・・・約1か月分
損害保険料・・・アパートごとによる(火災などがあったときの保険)

毎月かかるコスト

家賃・・・1か月分
管理費、共益きょうえき・・・アパートごとによる
光熱こうねつ電気、ガス、水道代)・・・最低でも3,000円~

例:月70,000円のアパートを借りる場合(最大コスト)

  • 家賃3か月分・・・210,000円
  • 敷金・・・70,000円
  • 礼金・・・70,000円
  • 仲介手数料・・・70,000円
  • 損害保険料・・・12,000円
  • 管理費・・・3,000円
  • 光熱費・・・3,000円
  • 合計・・・・438,000円が、はじめに必要な(最大)コストです。

賃貸契約をするときには、これらのコストをしっかり確認してください。

部屋のタイプ

アパート

2階建て以下の建物のことをいいます。多くの方は、このアパートを借りることが多いはずです。3階以上の建物を日本では「マンション」と呼びます。

シェアハウス

アパート1棟、1フロアすべて、複数人の人とシェアする場所です。同じキッチンやトイレを使うケースが多く、その分、家賃を安くすることができます。最近日本では若者を中心に、このシェアハウスが人気になってきています。

チェックポイント

部屋に必要なものは?

日本の部屋を借りるときには、部屋に何もない状態が、ふつうです。

自分でソファーやベッドを買う必要があります。もし、家具・家電を置いてほしい場合は、「家具家電付き」の部屋を探しましょう。

なお、部屋に住み始める日には、次のアイテムを忘れないようにしましょう。

  • 部屋の電灯(ライト)
  • カーテン
  • ベッドやソファー
  • トイレットペーパー

水道・ガスの契約

日本では、電気会社、水道局、ガス会社に連絡をしないと、水やコンロを使えません。契約するときに不動産屋のスタッフに、手続きを手伝ってもらいましょう。

毎月のガス代、水道代、電気代は、請求書が郵便ポストに入っているので、忘れずに支払いましょう。最近はコンビニで支払うことが出来るものが多いです。

夜は安全?

アパートを見に行くときは、明るい日中だと思います。しかし、アパート選びで大切なのは「夜」です。夜に、暗くて怖い道が無いか、うるさい近所の人がいないか、確認しに行きましょう。

日当たり

日本では、日当たりは、とても大切にされています。向きによって、洗濯ものが乾くか、部屋の中に日差しが入るか、とても重要だからです。最も好まれる方角は、朝日が部屋に差し込む「東向き」か、日中太陽が差し込みやすい「南向き」です。

風水などを気にする人は、こうした方角も気にしましょう。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場が家からどのくらい離れているか、ゴミを出して良い日はいつか、こうしたところも確認しましょう。ゴミは「都合のいいとき、都合のいい場所に置いておく」ことができません。部屋を借りるときにゴミのカレンダーがあるので確認しましょう。

何人で住んでよい?

部屋を借りるときは、基本的に、1人が住むことが前提とされています。あなたが契約して、恋人や友だちと2人で住むことは、契約違反となります。もし、誰かと住むことになったら、不動産屋と大家さんに連絡をしてください。

まとめ

騒音などに関して注意することは、以下の記事でまとめていますので、読んでみてください。

別記事:日本の生活で気を付けるべきことパート①「騒音」

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。