日本人の「しあわせ」は何ですか?

日本人の「しあわせ」は何ですか?

とある日本の新聞に投稿された、ベトナム人留学生の文章が、日本で話題になったこと知っていますか?投稿されたのは次の文章です。

私は日本に来るまで、日本は立派な偉大な国だと思っていた。

来日当初も、街の発展ぶりや人々の生活の豊かさを見て、私の国ベトナムとの差は大きいと感じた。きっと日本人は自分の国に誇りを持ち、幸せだと感じているのだろうと思っていた。

しかし、来日から10カ月が過ぎた今、実はそうではないように感じる。日本は、世界でも自殺率が高い国の一つだという。

電車の中では、睡眠不足で疲れた顔をよく見る。日本人はあまり笑っていないし、いつも何か心配事があるような顔をしている。

日本人は勤勉で、一生懸命働いて今の日本を建設した。でも、会社や組織への貢献ばかりを考え、自分の成果を自分が享受することを忘れていると思う。

ベトナムはまだ貧乏な国だが、困難でも楽観的に暮らし、めったに自殺を考えない。経済的豊かさは幸福につながるとは限らない。

日本人は何のために頑張っているのか。幸福とは何なのか。日本人自身で答えを探した方がいいと思う。

千葉県 留学生 グエンさん

朝日新聞 2016年7月10日朝刊「声」欄

これに対する、日本人のコメントは次のようなものがありました。


  • 良く日本人のことを理解している留学生だ。
  • 日本人では気づかないことを、ベトナム人が教えてくれた。
  • この人の言う通り。私は何のために生きているだろう。
  • 日本人は感情を表に出さない、このベトナム人は日本文化を深く理解していない。

この文章は、ベトナム人から見た日本人のイメージを、うまく表現していて、すばらしいと私は思います。また、この文章によって、多くの日本人が「しあわせ」について考える時間を持ったことは、とても意味のあることだと思います。

日本人は「しあわせ」なのか

日本は、国民の「幸福度」に関する国際調査で、他の先進国に比べて、その値が低い、と言われ続けています。

日本人のSNSには、「会社(学校)に行きたくない」「休みがほしい」「もう疲れた」という投稿は見ますが、「私は幸せだ!」と喜びを表す投稿は、あまり見ることはありません。

また、「あなたは幸せですか?」と聞かれて、「はい、幸せです。」と答える日本人は、多くないと思います。なぜなら、「幸せ」であることを表現することは、日本人の習慣としてないからです。

「あなたは幸せそうですね」と言われても「いえいえ、色々と大変なんですよ」と否定するのが、日本の昔からの文化です。

本音と建て前

  • 「ステキな奥さんですね」と言われても「いえ、とんでもないです」と答える夫
  • 「お子さんは、良い子ですね」と言われても「いえいえ、家では、言うことを聞かない子です。」と答える親

実際に良い奥さん、子どもだと思っていても、こうした「返し方」は、日本において一般的です。

つまり、日本人は、「本音」と「建て前」が、はっきり分かれているので、彼らの本音を知ることは、相当の時間をかけて、親しくならない限り、分かりません。

このような文化を持つ日本人の表情から、外国人留学生が、名前も知らない日本人の「しあわせ」を読み取ることは、とても難しいと思います。

電車で、暗い、疲れた顔をしている会社員も、家に帰れば、家族が待っていて、外では見せない「笑顔」を見せる人がたくさんいるのです。私の父も、「会社」の顔(怖い人)と、「お父さん」の顔(やさしい人)、全く違う2つの顔を持っている人でした。

お酒を飲むと、いつも静かな日本人が、大きな声で話したり、騒いだりすることもあるので、外国人にとって、日本人は「不思議な人たち」なのだと思います。

自殺者が多い国、日本

日本では、例年、2万人以上の人が、自殺で命を絶っています。投稿された文章にある、「世界でも自殺率が高い国」というのは、正しいです。

特に最近では、10代の若者の自殺が増えていて、社会問題になっています。

日本は、経済成長とともに発展し、世界の先進国となりましたが、この留学生が感じた「街の発展ぶりや人々の生活の豊かさ」は、経済発展の後に生まれた日本人にとっては、「当たり前」の環境です。

その日本人に対し「こんな豊かな国で生まれて、あなたは幸せですね」と話しても、他の国と比較する機会が少ない日本人にとっては、「ありがたいこと」だと気づきにくいです。

また、文中にある「経済的豊かさは幸福につながるとは限らないということばのとおり、お金持ちの家に生まれた子どもが、どこの国でも、みんな「しあわせ」か、というと、それは違うと思います。

「しあわせ」の定義は人それぞれなので、他人の「しあわせ」を計ることは、難しいはずです。

背景にあるもの

どうして、日本は自殺率が高いのか、この答えを、私は2つ持っています。

①悩みを他人に共有できない性格

日本人、とくに男性は、自分の悩みを他人に相談することは、得意ではありません。自分の「弱さ」を人に知られたくないという「プライド」があるからです。

また、日本では幼い時から、「みんな苦労しているんだから、あなただけ辛いんじゃない」という教えが一般的です。公共の場で、小さい子どもが騒いでいると、「まわりの子どもは静かにしているよ、あなたも静かにしなさい」と、まわりと比較しながら、親が注意します。

こうした考え方は、日本人が悩んだときに、「周りの人は辛いなんて言わない」「自分の中で何とかしなくては・・・」と思ってしまう原因のひとつになっている、と私は考えます。

②自分が「うつ」であることに気づけない社会

日本は、「うつ」であることに気づきにくい社会だと言えます。なぜなら、先ほどの考え方にもあるように「みんな苦労している、あなただけ辛いんじゃない」ということばは、「うつ」の人に対して、「辛い、なんて言ってはいけない」「こんなことで悩んではいけない」という気持ちを持たせるからです。

私が働いていた日本の会社でも、「うつ」になった同僚、先輩、上司がいましたが、彼らが「うつ病」だということを知ったのは、彼らが通院のため、会社をお休みしたときでした。

「心理カウンセリング」が発達していない日本社会では、定期的にカウンセラーと話をしたり、悩みをだれかに相談できる機会は少ないため、日本政府を中心に「心のケア」が注目されています。

まとめ

「しあわせ」について、考えることは大切ですが、「しあわせ」の定義は人それぞれです。そして、人が「しあわせ」かどうかを決めることは、その人「自身」です。

「今よりもっといい人生にすることが、しあわせ」と考える人がいて、「今のままで、平和に暮らすことが、しあわせ」と考える人がいて、日本人は圧倒的に後者の考えの人が多いと思います。

ベトナムは経済成長を続ける国であり、この国の人は、「明日はもっといい日になる」と希望を持って暮らしていると思います。実はこれは、昔の日本も同じ状況で、「人々は裕福ではないけれど、明るい未来のために働いて、しあわせだった」と、私たちの親世代は話します。

将来ベトナムがこの経済成長を終え、先進国として国が豊かになったとき、人々が「うつ」に悩まず、未来に希望を持って、今までのように「楽観的」で「笑顔」でいられる国であるために、「しあわせ」に見えない日本社会を参考にすべきなのかもしれません。