日本の環境問題

日本の環境問題

今回は日本の環境問題かんきょうもんだいについてお話します。日本は経済の成長とともに、さまざまな環境問題と向き合ってきました。今、経済成長するベトナムにおいて、参考になることがあるかもしれませんので、この記事を読んで、ベトナムの環境について考えてください。

もったいない!

みなさんは、この「もったいない」という日本語を知っていますか。「もったいない」は、日本で昔からあることばです。この言葉は、2004年にノーベル平和賞を受賞した、ケニア人のワンガリ・マータイさんという人が、世界に広めました。

マータイさんは、母国ケニアで生まれ、海外留学で環境について学び、環境を守るため、木を植える「植林活動」をしていた人です。マータイさんが作った団体には10万人が参加し、5,000万本以上の木を植えました。

そのマータイさんは、日本に来たとき、この「もったいない」ということばに、強く感動したそうです。そして「MOTTAINAI」ということばを、世界共通語にしたい、と言いました。「もったいない」という言葉は、他の国のことばで、説明しにくい、日本の文化だからです。

日本人である私は、小さいころ、先生や家族から「もったいない!まだ使えるよ!」「もったいない!まだ食べられるよ!」と、たくさん注意ちゅういされました。
たとえば、みなさん。下の写真のチューブは、もう使えないと思いますか?

このチューブタイプは、あるやり方で、まだまだ中身が出てきます。

  • チューブの中に空気をたくさん入れ、ふくらませながらキャップを閉める
  • キャップの反対側、チューブのはしっこを持ちながら強く

みなさんも一度試してください。このままチューブを捨ててしまったら「もったいない」ですね。

別記事日本のトイレについてでも紹介しましたが、日本文化の「あらゆるものに神様がいる」という考え方は、「すぐに捨てるのではなく、最後まで大事に使う」という思いに、つながっているのだと考えます。

環境問題について、世界では”3R”(Reduce,Reuse,Recycle)

  • Reduce:ゴミを減らす
  • Reuse:再利用する
  • Recycle:再資源しげん化する

というキーワードが有名ですよね。
マータイさんは、3Rに加えて、「環境に対するリスペクト(“R”espect)」を表すことばが「もったいない」だと世界に広めました。

日本にあった「ゴミ問題」

そんな日本も、これまでたくさんの環境問題と戦ってきました。別記事「東京オリンピックがやってくる」でもお話しましたが、日本は経済成長の中で、街中にゴミがあふれ、川にゴミを捨てる人が増え、きれいなところではありませんでした。

政府せいふの取り組み

東京都は、「汚い東京では、 世界に対し日本の印象が良くない」と考え、「そうじの日」「そうじ運動」を広めて、国民に「街をきれいにすること」をお願いしました。「ゴミはゴミ箱に捨てる」「道にたんを吐かない」など、とにかくルールをたくさん作りました。

救世主きゅうせいしゅ!「ポリバケツ」

それまでの日本のゴミ箱は、家の外、道に作られたコンクリートの箱などがメインでした。ふたが無いので、ゴミは、くさいニオイを出していました。ここで「ポリバケツ」が登場し、街は一気にきれいになりました。

ポリバケツは、軽くて持ちやすく、洗うことができるものです。これは、アメリカのニューヨークで使われていたゴミ箱を、日本が参考にして作りました。ポリバケツは、あっという間に日本中に広まり、今の日本でも、使われています。

これにはじまり、日本ではゴミを分けるルールが厳しくなり、「もえるゴミ」「もえないゴミ」「ペットボトル・缶」「リサイクルゴミ」を分けて出すことが、今の「あたりまえ」になっています。

健康被害

日本の環境問題は、ゴミだけではありません。人々の身体に健康被害けんこうひがいを与えたケースは、たくさんありました。

足尾銅山鉱毒事件(1891年)

足尾銅山あしおどうざんで銅を作るときに出た「鉱毒こうどく」が川に流れ、魚が死に、近くの田畑の食べもの、植物が育たなくなった。日本初の公害こうがいとして知られる。

イタイイタイ病(1955年)

イタイイタイ病は、鉱山こうざんから出た汚い廃水はいすいが川に流れ、その水で出来たお米などを食べた人の身体に被害があった。病気にかかると「イタイ!」と叫ぶことから名前がついた。

水俣(みなまた)病(1956年)

水俣みなまた病は、工場から出た「廃水」に含まれた「水銀すいぎん」が海に流れ、その海の魚を食べた人の身体に被害があった。今も、この病気の患者がいる。

四日市ぜんそく(1961年)

四日市よっかいちぜんそくとは、工場から出た、空気中の「大気汚染物質たいきおせんぶっしつ」により、市民の間で呼吸にかかわる病気(せき、ぜんそく等)が流行し、人々の健康被害を与えた。

こうした「公害」を通して、日本では環境に関するさまざまな法律ができ、「環境省」が設立され、日本の環境を守る取り組みがされてきました。
最近の日本では、2011年に起きた「東日本大震災だいしんさい」による、原子力発電所げんしりょくはつでんしょの事故がこの「公害」にあたります。

「いま」ある環境問題

暑すぎる!日本

日本には、四季しきがありますが、この「春夏秋冬」のバランスが変わってきている、という話があります。これまで日本は、

  • 春(3~5月)
  • 夏(6~8月)
  • 秋(9月~11月)
  • 冬(12月~2月)

というシーズンの流れが一般的でしたが、夏や冬が長かったり、過ごしやすい春や秋が短くなったりしているため、環境問題が影響しているといわれています。また日本では気温が40度を超える日が続き、以前よりも暑くなったという人が多いです。

日本は環境問題を国内だけで見る時代は終わり、今は世界の環境問題として、さまざまな問題を取り上げています。それは、たとえば海に捨てられた「プラスチックごみ」の問題であったり、環境を破壊はかいする「汚染物質おせんぶっしつ」のことです。

取り組み

こうした環境問題に、日本では昔から日本政府せいふや、自治体じちたいが声をあげています。たとえば、その取り組みは、私たちの生活のなかでも行うことができます。たとえば次のようなものです。

  • 排気ガスの出る車ではなく、自転車や電車を使って移動する
  • 買いもののときは、エコバッグを持ってビニール袋を使わない
  • お風呂に入った後の水で、洗濯せんたくをする
  • エアコンの温度を「エコモード」に設定する

小さいことからでも、全員が協力すれば、大きな結果がうまれます。あなたも明日から、はじめてみましょう。

問題と向き合う「技術」

ペットボトル

日本では、ペットボトルのリサイクルが昔から大事にされています。捨てるときにはキャップを外し、ラベルをはがして、ペットボトル専用のゴミ袋に捨てます。そうすることで、リサイクルがしやすくなるのです。集められたペットボトルは細かくなり、またペットボトルとして使われたり、入れものや、服になったりします。

日本は世界でも数少ない、水道水が飲める国です。この技術は世界に発信されていて、上下水処理に活かされています。日本では、こうした「水処理」の施設を見学するツアーがあり、地域によっては、学校教育のひとつとして教わります。

電気

日本の電気は、火力、水力、原子力、再生可能エネルギー(風力、地熱、太陽光など) から出来ています。「太陽光発電システム」は各家庭の家に取り付けられるなど、日本国内で広がっています。

また、火山がたくさんある日本では、「地熱ちねつ」、つまり地下の熱を利用して、発電する仕組みを開発しています。これには、大きなコストがかかるため、まだまだ日本には少ないですが、環境にやさしい技術として、2011年原子力発電所事故のあとから、注目されています。

この他にも、私たちの生活から出るゴミを使って、電気を作る技術(バイオマス)など、多くの科学者たちが世界中で研究をしています。

魔法まほうの粉「バクチャー」

先日日本のテレビ番組を見ていたら、「日本のある会社が、ベトナムのハロン湾の水をキレイにしている」という話を聞きました。「バクチャー」という粉を使うことで、ハロン湾の汚かった水が、きれいになっていることが分かりました。こうした日本の技術が、ベトナムの環境問題の役に立っていることは、とてもうれしいです。

参考:テレビ東京「未来世紀ジパング」日本発”魔法の粉”が世界遺産の海を救う!

まとめ

いかがだったでしょうか。これまでの日本の環境問題と、それを解決する技術や、取り組みを知ってもらい、ベトナムの環境問題を、いっしょに考えるきっかけにしてほしいと思います。

私はベトナムに生活していて、「ゴミの分別」がないことにおどろきました。たとえ、今はする必要が無くても、今のうちから「分別」をするルールを作ることで、ゴミ処理技術が発展した時に活かせると思います。まずは、ペットボトルのゴミを分けることから、はじめませんか?

こうした取り組みは、未来のベトナムの環境を守る「きっかけ」になると思います。「もったいない!」運動と一緒に、何かベトナムの環境について考える機会を作りたいと考えます。協力してくれる人は、ぜひ教えてください。