わかりにく~い「日本語」

わかりにく~い「日本語」

外国語を勉強していると、「わかりにくい」ことが多いです。日本人の間では、「ベトナム語は、世界で一番難しい言語のひとつ」と話す人がいます。私自身もベトナム語の勉強に苦労をしていますし、「どうしてこうなの?」と思うことが多いです。

その国の人にとって、「あたりまえ」のことでも、外国の人にとっては難しいことがあります。

日本語を勉強する人にとって、難しいことの一つには、同音異義語どうおんいぎご和製英語わせいえいごというものがあります。今回はこの二つについて、お話します。

同音異義語

同音異義語・・・同じ音で、違う意味があるもの

例:「はし」には、「お はし」、「はし 」、「 はし 」と、同じ音ですが、違う意味のことばがあります。日本語には、ベトナム語の声調などはなく、母音は5個ですから、「音」が少ないのです。

なので、聞くだけでは、どの意味か、わからないことが、たくさんあります。
※ただし日本語には「アクセント」によって、違いがわかるときもあります。

みなさんが仕事や生活で使うものを中心に、気をつけるべき、同音異義語を紹介します。

※書き方:漢字・・・「意味」

いし

・・・「ストーン(stone)」、意志・・・「何かを目指す気持ち」、医師・・・「ドクター(Doctor)」

かき

書き・・・「ライティング(Writing)」、夏季夏期)・・・「夏のこと、その期間」、火器・・・「火を使う道具」、 ・・・「くだもの」、 牡蠣・・・「オイスター(oyster)」

かいそう

海藻・・・「ワカメなどの海中の食べもの」、改装・・・「建物を直すこと」、回送・・「送り直す」例:回送電車(車庫に送るため、利用者が乗ることができない電車のこと)

かいとう

回答・・・「質問に返事をすること」、解答・・・「問題やテストの答え」、解凍・・・「こおったものをかす」「コンピューターで、ファイルをもとのサイズにもどすこと」

かてい

家庭・・・「ファミリー」、過程・・・「プロセス」、課程・・・「カリキュラム」

きかん

期間・・・「決まった日にちの間」、機関・・・「グループ、集まり」、帰還・・・「もとの場所に帰ること」、気管・・・「呼吸するときに空気が流れる体の部分」

こうい

好意・・・「親しみある気持ち」、厚意・・・「おもいやり」、更衣・・・「服を着がえる」、行為・・・「おこない、動き」

じしん

自身・・・「その人そのもの」、自信・・・「自分を信じる」、地震・・・「地面のゆれ」

しんこう

信仰・・・「信じていること、もの」、進行・・・「すすめる」、振興・・・「発展させる」、親交・・・「仲良くなる」、侵攻・・・「攻める」

しんちょう

身長・・・「背の高さ」、慎重・・・「注意深い(Carefully)」、伸長・・・「長さが伸びること」、新調・・・「(服を)新しくすること」

せんこう

専攻・・・「専門的に学ぶ」、選考・・・「いくつかの中から選ぶこと」、先行・・・「先に行く、おこなう」

どうし

動詞・・・「品詞のひとつ(Verb)」、同士・・・「おなじひと、もの」、同志・・・「同じ気持ちをもつ仲間」

どうき

同期・・・「同じときに、一緒に始めた人、仲間」「(コンピューターで)内容を同じにすること」、動機・・・「きっかけ、理由」、動悸・・・「強い、早い 心臓 しんぞうの音」

こうしょう

なお、一番多い同音異義語をもつのは「こうしょう」ということば、だそうで、意味は40個以上あるそうです。ただし、みなさんが使う「こうしょう」は、交渉・・・「話し合って決める」という漢字が、ほとんどのはずです。

他の「こうしょう」は日本人でも、あまり使わないので、覚えなくても大丈夫です。

交渉・・・「話し合って決める」、公証・・・「オフィシャルに証明する」、校章・・・「学校のマーク、デザイン」、高尚・・・「上品なこと」、などなど・・

同音異義語のまとめ

いかがでしたでしょうか。日本語で話をするときには、これらのことに注意をしてみましょう。まとめとして、同音異義語に関する有名な話がありますので、みなさんに紹介します。

むかし、日本に「一休さん」という人がいました。あるところに、川を渡るための「はし」がありましたが、その「はし」の前に「このはしをわたるな!」という注意の看板がありました。

しかし一休さんは、その「はし」の真ん中を、スタスタと歩き、渡りました。それを見ていた人から、「どうして、はしを渡ったんだ。わたってはいけない、と書いてるだろう」と怒られると、一休さんは「わたしは、はしを渡ってはいませんよ」と言いました。

この文で意味が分かりましたか。一休さんは 「はし」を渡りましたが、その橋の 「 はし 」 を歩かなかったので、問題ありません、と話したのでした。

「このはしをわたるな」=「端っこではなく、真ん中を歩けばよい」という風に考えたのです。

この話は作り話なので、もし日本で、「このはしをわたるな!」という看板をみたら、みなさんは絶対に「橋」の「端」でも、渡らないでくださいね。

和製英語

和製英語・・・日本人によって作られた英語に似ていることば。

日本で生活していると、日本でしか使えない「カタカナ」のことばが、たくさんあります。たとえば、「コンビニ」と言っても、英語を使う国では、通じません。

「コンビニ」は「コンビニエンスストア」ということばを、短くしたものです。日本ではこうして短く、省略しょうりゃくすることがたくさんあります。

特に英語が話せる人は、こうした和製英語を聞いて「どういう意味?」と思うときがあるはずなので、一緒に確認していきましょう。

  • エアコン・・・エアーコンディショナー(Air Conditioner)
  • パソコン・・・コンピューター(Personal Computer)
  • ガソリンスタンド・・・ガスステーション(Gas station)
  • グリーン車・・・(電車・新幹線の)ファーストクラスシート(first-class)
  • コンプレックス・・・他の人より「弱い」と感じるところ
  • サラリーマン・・・会社員 
    ※日本では、会社員のことを”Salary man” =「給料の人」と呼びます。
  • ペーパードライバー・・・運転免許証を持っているが、運転を全くしない人
  • サービス・・・無料で行う、あげること 例:「1個サービスするね」
  • マンション・・・3階以上ある、 アパートよりも大きい集合住宅のこと。
    ※英語の”mansion”(大きなお金持ちの家)とは意味が違います。
  • コンセント・・・ 英語で”Outlet” 、電源を差すところ。
  • 電子レンジ・・・英語で”microwave”のこと。
  • ビニール袋・・・ 英語で”plastic bag”のこと。
  • ペットボトル・・・英語で”plastic bottle”のこと。
  • ガッツポーズ・・・手をあげる、喜びの姿。※この写真がガッツポーズです。

和製英語のまとめ

いかがでしたか。日本語学校で習っている人にとっては、知っているものが多かったかもしれませんが、みなさんがこれからグローバル人材になっていくうえでは、この「和製英語」というものがあることは、ぜひ、知っておいてください。

日本人は、海外旅行などで「使えると思った和製英語」が通じず、苦労することが多いです。「日本人は英語ができない」と言われるのは、しょうがないかもしれません。さて、最後に「日本人の英語力」に関するこんなジョークをご紹介します。

日本のある政治家A氏が、アメリカの「クリントン大統領」と会う前に、英語のあいさつを練習しました。A氏の英語の先生は、

A: How are you?”

B: “I am fine thank you, and you?”

A: “Me too” 

これだけ覚えるように、A氏に伝えました。

ところが、A氏はクリントン大統領に会うと”Who are you”(あなただれ?)と間違えてしまいました。クリントン大統領はジョークで、”I am Hilary’s husband”と答えました。それに対し、A氏は先生から習った通りに”Me too“と言いました。

これは、本当にあった話ではなく、ジョークとして作られましたが、日本人の英語力はこのくらいだろう、とアメリカで信じられていました。

このジョークが作られてから、20年が経ちますが、日本人はこのときに比べて、海外とコミュニケーションを取る機会がふえ、 英語力は高くなっていると思います。

日本の安倍首相も、英語でスピーチをしたり、各国の首相とコミュニケーションをとることが出来ています。

日本語を勉強するうえで、参考にしてみてください。