ビジネスシーンで耳にする日本語まとめ①~基本編~

ビジネスシーンで耳にする日本語まとめ①~基本編~

このシリーズでは、日本のビジネスシーンで良く耳にする「日本語」の解説をします。日本で働き始めるときは、緊張と不安があると思いますが、1つでも多くの日本語を知っていることで、自信につながると思います。

日本人の私から、みなさんに知っておいてほしい「単語」をまとめましたので、意味を理解しておきましょう。

日本語はよく、「省略」した言葉が使われることが多く、これらは日本人の新卒でさえ知らないことも多いです。今回は絶対知っておきたい「基本単語」を解説します。

ビジネスシーンで耳にする日本語

基本の単語

5W1H(ごだぶりゅー・いちえいち)

When(いつ)、 Where(どこで)、 Who(だれが)、 What(何)、Why(なぜ?)、How(どのようにして)の頭文字を取ったフレーズです。報連相のときには、この要素を明確にして話すことを心がけましょう。

例:「部長、今よろしいですか?昨日(When)、A社の鈴木さん(Who)がオフィスにいらっしゃり(Where)、こちら(What)を納品されました。納期に間に合わせるため(Why)、わざわざ車で(How)いらっしゃったそうです。

5S(ごえす)

製造業やサービス業において、職場環境を良く保つために掲げる、スローガンです。5Sは、整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketu)・躾(Situke) の頭文字”S”を取ったものです。

ベトナムの日系企業にも、これを掲げる会社は多くあります。入社したときには、この単語の意味を知っているか、上司から聞かれるかもしれませんので覚えておきましょう。

MTG(ミーティング)

英語の”MEETING” を略したものです。会議、打ち合わせのことです。話しことばでは使いませんが、たとえばメールや社員のスケジュールを共有するホワイトボードなどに「MTG」と書いていることがあります。

OJT(オージェ―ティー)

“On the Job Training” の略です。 企業内で行われるトレーニング手法 の一つで、新入社員育成のプログラム、担当者のことを指します。主に、自分の配属先の先輩社員があなたのトレーニングをしてくれます。この人のことを”OJT”と呼びます。入社して2、3年経てば、あなたが”OJT”になる日が来るかもしれません。

あさいち・ごごいち

あさいち・・朝いちばんに(始業したらすぐに)
ごごいち・・午後いちばんに(昼休みが終わったらすぐに)

例:「グエンさん、明日のあさいちで会議室を予約してください。」
例:「グエンさん、その作成中のレポートをごごいちで、私に提出してください。」

あいみつ

相見積あいみつもり」を省略しています。
これは、複数の業者から見積もりを出してもらい、価格・サービス内容を比較することです。

例:「グエンさん、この工事の件、各社からあいみつ取っておいてください。」

上の者(うえのもの)

会社の上司、管理職、役員を指します。

例:「値下げできるかどうか、上の者に確認します。」
例:「上からの指示ですので、どうかご理解ください。」

落とし込む

「落とす」とは悪い意味に聞こえますが、ビジネスシーンでは「反映する」「まとめる」という意味になります。「~込む」には「完了させる」という意味合いが含まれます。

例:「今日のMTGの内容を、ワードの資料に落とし込んでください」

きびしい/むずかしい

日本人は、直接的な表現をしません。なので、
「御社に依頼した場合、〇〇を今年中に完成することはできますか?」
「いいえ、できません」

という言い方はビジネスでは使われないことが、ほとんどです。その場合、
「少し、厳しいですね・・」「おそらく、難しいかと思われます」

という言い方を聞くはずです。これは「厳しいけど、難しいけど、がんばったら、できる」という意味ではありません。このことばを聞いたら「できない」と相手が話していると、理解したほうが良いでしょう。

ざっくり

かんたんに、大まかに、の意味。

例:「この見積りについて、ざっくりと、どのくらいコストがかかりますか?」
例:「ざっくりとで構わないので、昨日のMTG内容をメールで報告してください。」

時間が押している

予定の時間よりも過ぎていること。「時間がオーバー(Over)している」とも言います。

例:「会議の時間が押しているので、15時のMTGはキャンセルします。」

大至急だいしきゅう

急いで、今すぐに。他にも、ASAP(As soon as possible)「アサップ」と表現することもあります。このことばを聞いたら、「最優先事項」として対応してください。

例:「グエンさん、大至急、A社に連絡をしてください。」

テンパる

気持ちに余裕がなくなり、焦りや不安の状態になること。

例:「グエンさん、テンパっているようですが、どうしましたか。」
例:「さすがの鈴木さんも、仕事が忙しすぎて、テンパっているようだ。」

定時

定まった時刻のこと。始業時間や終業時間を指す。

例:「今日の仕事が終わったので、定時で帰ります。」

いて

急いで進めること。

例:「このあと出張に出かけるので、説明は巻きでお願いします。」
例:「セミナーの講演時間が押しているので、私からは、巻いて話しますね。」

はぶ

省略したり、取り除いたりすること。

例:「この資料は間違いがあるので、ファイルから省いてください。」
例:「会社説明は後ほど話しますので、ここでの説明は省きます。」

前向きに検討する

あなたが営業した先のお客さんがこのことばを使った場合、あなたの会社と「契約するか」「契約しないか」はこの時点で、50%:50%と考えましょう。

本当に契約を考えている場合と、契約を断る場合の、どちらでも使える便利なことばで、先ほどの「厳しい」「難しい」と同様に、意味が分かりにくいことばです。

日本のビジネスシーンでは、相手に対し直接的に「契約しません」と言うことは少ないです。多くの場合、数日後にメールなどで「お断り」されることが一般的です。

営業後の報告で上司に「前向きに検討いただきました!」と報告しても、それは良い報告とは言えないでしょう。

まとめ

辞書や翻訳ツールでは分からない、ビジネス日本語について紹介しました。このシリーズは4つの構成に分かれていますので、全てチェックしてみてください。

別記事:ビジネスシーンで耳にする日本語まとめ②~上級編~
別記事:ビジネスシーンで耳にする日本語まとめ③~カタカナ基本編~
別記事:ビジネスシーンで耳にする日本語まとめ④~カタカナ上級編~

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。