日本の会社で働くうえで「気をつけるべき10のこと」

日本の会社で働くうえで「気をつけるべき10のこと」

今回は日本の会社で働くうえで、気をつけるべきことについてお話します。
日本の学校、会社では、4月から新しいスタートを始め、これを学校では「新学期しんがっき」会社では「新年度しんねんど」と呼びます。

日本の会社で気をつけるべきこと

「新年度」をむかえて、新しく会社に入る、新入社員が先輩せんぱい上司じょうしから、よく「いわれること」を、日本人の私の経験から、みなさんに伝えたいと思います。

ベトナムでも同じだ、と思うことが多いかもしれませんが、日本の文化とあわせて、お話します。これから書くことは、すべて正しいものとは限りません。会社によって、ルールも違うかもしれません。その点は注意ちゅういしながら読んでください。

空気くうき

「空気を読む」というのは、日本の独特どくとくな文化です。例えば、上司が忙しそうにしているときに「すみません、明日休みたいのですが、いいですか」と聞くことは、いいタイミングではありません。

「今上司は忙しそうだから、あとで話そう」と気をつかうことが、空気を読むことの一つです。

ただし、会社に入ってから、色々な日本人と仕事をすると思いますが、「忙しそうにしていても、何かあれば、すぐ話してほしい」という上司の方も、いるかもしれません。こうしたことは、会社に入ってからでないと、わからないことなので、仕事を覚えることと同時に、心がけてみてください。

スピードよりも正しさ

人によって、考え方は違いますが、一般的に日本では、どんなに早く仕事が出来ても、「間違い」が多いと評価をされません。これは新入社員のときに、必ず言われることの一つです。

評価されようと頑張って、急いで、仕事を終えても、細かなミスがあると、次の仕事を頼まれなくなってしまいます。信用を得るためには、「間違いのない」仕事を心がけることで、良い人間関係が作れるはずです。

メモを持ち歩く

先輩や上司から仕事を教えてもらうときは、メモを取りながら聞くことが、大切だと言われます。これは相手に対して「聞いている姿勢しせい」を伝えるため、「何度も同じことを聞かない」ために、とても大切なことです。

日本ではメモを持たずに、新入社員が話を聞いていると「メモを取らずに、この仕事全部おぼえましたか?もう同じ説明はしないよ」と注意されてしまうことがあります。

「できないこと」は「できない」と言う

仕事に慣れてくると、たくさんの仕事をお願いされるようになります。そのときに「これ明日までにできる?」と聞かれることが、あるかもしれません。そのとき、自分が忙しかった場合、決まった日までに、できない場合には「〇〇があるため、できません」と伝えることが大切です。

また、これに加えて「今〇〇の仕事をしていますが、どちらを先にすべきですか」や「明日は難しいので、あさってまで待っていただけますか」と相談することで、タスク管理のスキルが評価され、先輩や上司から信頼しんらいされるはずです。

自分の仕事は自分が最後までやる

難しくて、時間がなくて、忘れていて、できなかった仕事があったときには、だれかがサポートしてくれると思います。しかし、「だれかがやってくれるから、もう自分の仕事ではない」と考えてはいけません。

もともと自分の仕事であったことは、「その後どうなっているのか」「だれがあなたの代わりにやっているのか」「いつ終わるのか」「自分に何かできることはないか」こうしたことを考えることが、とても大切です。「自分の仕事は最後まで責任をもつ」ことを、日本の新入社員は教わります。

ならうよりもれる

これも日本の独特な文化のひとつで、「すべてを教えてもらうのではなく、まず自分でやってみて覚える」という考え方があります。「すべて教えてもらわないとわからないよ」と思うのですが、仕事の多くは、自分でやってみて、はじめてわかることも多いと思います。

たとえばスポーツの世界でも、ルールだけ教えてもらっても、そのスポーツが上手にはなりません。すべての仕事が、この考え方に合うわけではありませんが、もし「日本の人は1~10まで全部教えてくれない」と思ったら、「まずは、やってみてから、分からないことを聞く」という考え方を、思い出してください。

報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)

日本で働きたいと考える、多くの人が、この「報連相ほうれんそう」ということばを、聞いたことがある、知っている、と思いますが、日本語の「報告ほうこく」「連絡れんらく」「相談そうだん」を意味します。さきほどの話ともかかわりますが、

  • 報告の例(「この仕事が終わりました」、「今ここまで終わりました」)
  • 連絡の例(「〇〇さんから電話です」、「会議は△日に決まりました」)
  • 相談の例(「~については、どうしたらよいですか」)

これらの大事なコミュニケーションについて、まとめているものです。日本ではこの「報連相」の練習を入社する前に、人事部が研修することもあり、伝える内容を「シンプルに」「正しく」「短く」することが大切だと教わります。

会社の悪口を外で言わない

仕事が終わると、友だちとごはんを食べにいったりすると楽しいですよね。ただ、電車やバス、レストランの中で「会社のこと」を話すことは、いいことではありません。

誰が、どこで、何を聞いているか分からないですし、会社の大切な情報がほかの人に、知られてしまうことがあるので、この点はとくに気を付けましょう。

日本で実際にあるのは「会社のカフェで上司の悪口を同僚どうりょうと話していたら、そこにいた別の社員が聞いていて、その上司に悪口が伝わってしまった」「電車で会社の話をしていたら、ライバル会社の人が近くにいて、大切な情報を聞かれてしまった」というようなことがあります。

食事の場では年上の方に気をつかう

最近日本では「会社の飲み会に行かない」新入社員が増えています。日本のお酒の場には、たくさんのルールがあって、食事を楽しめる時間がないと考える人がいます。こうした理由から、先輩、上司とごはんを食べることを、いやがる人が多いです。

ルールの例をいうと、

  • 「年下は入り口近くに座り、店員に注文をしやすくする」
  • 「年下は年上の人のグラスに、お酒が入っているかをチェックする」
  • 「お酒が足りなければ、年下がグラスに入れる、お酒を注文をする」
  • 「年上の人が食べるまでは、先に食べない」などです。

たくさんあるので、私はこのルールを書くだけで疲れてしまいます。

ただし、このルールは日本人全員が大切にするものではありません。「やらなくて大丈夫、リラックスして」と言ってくれる人も、いると思うので、その時はリラックスしてご飯を楽しんでください。ただし、人に迷惑をかけるほどの「飲みすぎ」には気をつけてください。

はじめたころの気持ちを忘れないこと

仕事に慣れてくると、人はだんだんと気持ちがゆるんだり、仕事がざつになったりします。こうしたときに、「はじめたときの気持ちを忘れないように」ということばを、日本人は大切にします。

これを昔のことばで「初心忘 しょしんわす るべからず」と言います。日本の人によく見られる「謙虚けんきょさ」というのは、こういう「教え」から来ています。

ちなみに、日本語を勉強しているベトナムの方に「日本語が上手ですね」というと、「いえいえ、まだまだです」と答える人が多いです。これは学校で習ったことば、だと思いますが、これも「初心を忘れない」ことの一つなのです。

「日本人と外国人」=「文化の違う人」が日本社会でコミュニケーションする中で、たくさんの「違い」があると思います。その中で私は、すべて日本のルールを絶対に守らなければならない、とは思っていません。

ただ、こうした文化、ルールがあることを、前から知っておくことで、みなさんがショックを受けることが、少なくなることを、願っています。

こうした文化、ルールを知っていれば、日本に行ったときに「日本のことをよく知っているね」と周りの人から良く思ってもらい、先輩、上司、または友達とも人間関係が作れるはずです。

日本で働くときの、参考にしてください。

yoiworkでは日本での求人を紹介しています

CTA-IMAGE yoiworkは日本で働きたい外国人と企業を繋ぐ就職情報サイトです。日本語、英語、ベトナム語の翻訳機能を搭載し言葉の壁を越えて求職者と企業をマッチングできます。